スポーツ

中日・落合博満GM 背番号「暴走シャッフル」支配にあの山本昌もボー然

20160121t

 2016年のシーズン開始を前に、中日の落合博満GM(62)が仕組んだ「恐怖政治」がチーム内外に波紋を呼んでいる。コトの発端は、昨年12月に行われた8人の新人入団発表だった。

 レジェンド・山本昌広氏(50)が32年間つけた背番号「34」が、いきなり昨年ドラフト4位の新人左腕、福敬登(23)に継承──。通常、チームの象徴的な番号は元オリックス・イチロー(42)の「51」のように、永久欠番にはせずとも、継承に値する選手が出てくるまで準永久欠番扱いとされるもの。だが球団への配慮はまったくなく、「安売り」した。主導したのは落合GMである。

 実は山本氏は、落合氏を含むフロントに「背番号は球団にお返しするものですが、わがままを言わせてもらえば、左腕の濱田が2桁勝利した時に渡してやってもらえないでしょうか」と打診していたという。レジェンドが「指名」したのは、12年にドラフト2位で入団した左腕の濱田達郎(21)。14年にプロ初先発初完封デビューを飾って5勝3敗を上げたが、昨年は左肘を痛めて苦しんだ。だが落合氏は、その意向を無視した。

「球団職員からその事実を聞いた山本氏は絶句。ボー然としたそうです。ファンや関係者の間からは、34番を欠番か準欠番にすべき、との声が出ていました。その声はいずれ、山本監督待望論に変わると思ったんでしょう。次期監督に小笠原道大二軍監督(42)を据えたい意向を持つ落合氏は、有力な『対抗馬』である山本氏を煙たく思い、あえて下位指名の新人につけさせたんですよ」(球団関係者)

 そもそも落合氏は監督時代から背番号を変更することで有名で、延べ50人以上の背番号を変えている。球団関係者が続ける。

「背番号は選手にとって、車のナンバーにするほど大事な数字です。発奮材料にするというのが表向きの理由ですが、大事な番号を変えることで『俺はこんなに力を持っているんだぞ』『俺に逆らうとどうなるか』と主従関係を作って選手を心理コントロールする。一種の“洗脳”なんですよ」

 落合氏は監督就任直後に「7」をつけていた谷繁元信監督(45)の背番号を森祇晶氏(79)や古田敦也氏(50)ら名捕手がつけていた「27」にならって変更したり、平田良介(27)から「8」を剥奪して「40」を与えるなど、何度もシャッフルを繰り返してきた。今回も背番号のバーゲンは「34」だけにとどまらず、昨年限りで引退した名球会男・和田一浩氏(43)の「5」もドラフト5位の阿部寿樹(26)にアッサリと。同じく退団した川上憲伸(40)の「11」はドラフト1位の小笠原慎之介(18)に渡している。名古屋のメディア関係者が明かす。

「小笠原二軍監督が背負っていた『36』を与えた石岡諒太(23)はドラフト6位なんですが、実は落合氏がずっと目をつけていた選手。小笠原二軍監督の代名詞だった豪快なフルスイングが持ち味で、本人も『落合GMが目標』と話している。“私情”を感じます」

 しかも今回の暴走シャッフルは、背番号だけで終わらなかった。25人が暮らす独身寮「昇竜館」の部屋替えも敢行したのだ。13人が退寮するという事情も手伝ったとはいえ、これも気分を一新させると同時に、力を見せつける「オレ流恐怖政治」の一つと言える。

 谷繁監督も落合氏の介入手法に何かと拒絶反応を示しているだけに、それらが裏目に働けば──フロント、現場、選手の一体感が失われ、2リーグ制後初の4年連続Bクラスの屈辱を味わうことになるのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」