芸能

どっちがゲス?ベッキーの“開き直りLINE”でなぜか矢口真里の株が上昇!?

20160122yaguchi

 ベッキー批判が止まらない。1月21日発売の「週刊文春」で、直撃取材を受けた後もベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が仲むつまじいやり取りを繰り返していたことが報じられた。

 これにはベッキーに寛容なコメントが見られたネット上でも批判が殺到。ベッキーを擁護していた芸能人たちも口をつぐんだままだ。

「カンニング竹山、さまぁ~ず三村、おぎやはぎ小木、ナインティナイン岡村、雨上がり決死隊宮迫らが、ツイッターやテレビ、ラジオでベッキーを擁護していました。そのたびに批判の矛先が彼らにも向けられましたが、それも甘んじて受け入れたベッキー思いの芸人たちです。そんな彼らの思いをベッキーは踏みにじったのです」(芸能ライター)

 あまりに呆れる今回の“禁断愛”騒動に、「あいつのほうがマシ!」と思わぬ形で引き合いに出され、株を上げているタレントがいるという。

「矢口真里です。密会の現場に旦那が現れたと報じられ、散々叩かれたうえに活動を自粛。現在は元通りとはいかないまでもテレビに復帰しています。ベッキーは『第二の矢口』『どっちがゲスか』などと比較され、矢口よりベッキーのほうが擁護される意見が多かったことや、ベッキーのほうが社会的影響力が大きいことなどから、『矢口のほうがマシ!』という声があるのです。もっとも、マイナス100がマイナス50になる程度の再評価ですが」(週刊誌記者)

“ラブマシーン”と化したベッキー。ゲスキャラとワイプ芸を磨いて、矢口のポジションを狙ってみては?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ