芸能

「真っ赤な嘘だった…」清原和博がテリー伊藤との対談で涙ながらに語った“薬物疑惑否定”

20160218b2nd

 清原はアサヒ芸能15年1月15日号の「テリー伊藤対談」に出演。「週刊文春」の薬物疑惑報道に対し、訴訟を起こさない理由をこう話していた。

「いや、僕もわからないんですよ。僕も命を賭して裁判で戦うつもりでいたんですけども、僕の恩師に止められたんですよね」

 だが、恩師にどう止められたか詳細を聞かれると、

「『1年間ぐらい干されるかもしれないけど、(訴訟を)やめたほうが清原さんのためになるから、やらないほうがいい』と。その恩師なりに考えはあったんでしょう。僕自身は戦いたい気持ちを今でも持っているんですが」

 と、歯切れが悪い。今となっては恩師の話自体が作り話のようにも聞こえる。

 巨人時代はマスコミに叩かれても「ホームランをガツンと打てば」汚名返上できたと語ったが、今は‥‥。

「3月からずっと‥‥そして離婚したのが9月ぐらいやったかな? あの報道以来、女房・子供が(家から)出ていきましたんで。(中略)プロに入って23年間流した涙よりも、今年1年間で流した涙のほうが多かったですね」

 やがて清原は時に声を震わせ、目に涙を浮かべながら子供のことを語った。

「『後悔』しかなかったですね。息子からの手紙に『野球を教えてください』って書いてあるんですよ。そんな手紙、一緒に生活している時はそんなに心に入ってこなくて、夜、銀座に出たり、飲みに出たりとかしていましたけど‥‥息子たちがいなくなって初めて、彼らの思いがすごく伝わってきたんですね‥‥」

 紙幅の関係で当時は載せられなかったが、清原はこんな発言までしていた。

「はっきり言うて、自分が野球したことさえも後悔しました。あんな甲子園記録なんかどうでもいい。あんなプロ野球でホームラン500本、どうでもいい。野球さえやらなければ、こんな結果になってなかった」

 クスリに手を染めたのは、自分の弱さのせいなどではなく、プロ野球のスター選手だったせいとでも言いたかったのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!