スポーツ

高橋由伸新監督を迎えた“巨人”は清原余波で戦々恐々(3)新外国人、X氏の存在…今年の巨人は低迷する?

20160225q

 肝心の戦力はどうか。何といっても新戦力で注目すべきは昨季セ・リーグ最低のチーム打率2割4分3厘に沈んだ打線にメスを入れるべく、その起爆剤として今オフ獲得した4番候補のギャレット・ジョーンズ(34)だ。パイレーツなどメジャー8年間で通算122本塁打をマークした経歴を誇る期待の長距離砲だが、キャンプではその実力に開始早々から疑問符が付けられている。巨人番記者は、こう解説する。

「フリー打撃でサク越えがほとんどないんですよ。バットの真芯で捉えるような当たりもあまりない。カーブマシンにてこずって空振りする場面もあったことから『変化球に対応できないのではないか』ともささやかれています。さらには、左腕投手を苦にしているというデータもあって、昨季途中に獲得して大失敗した“歴史的ダメ外国人”のホアン・フランシスコ(28)にタイプが似ていると指摘する声まで聞こえ始めている。視察に訪れた各球団のスコアラーも『インパクトを感じられない』と口をそろえ、今のところまったく警戒していないようです」

 オープン戦も始まっていない段階から「答え」を出すのは確かにまだ早い。それでも鳴り物入りで獲得したはずの主砲候補に、あの“フランシスコの影”までチラつき始めていることは由伸監督ら現場スタッフ、球団幹部たちも内心気が気ではないはずだ。

 それだけではない。このように全体的に見て歯車がいまひとつかみ合っていない感のある宮崎キャンプで、第2クール最終日の9日にはちょっとした“事件”もあった。週刊アサヒ芸能でも数回にわたって既報した「原前監督のフィクサー」と呼ばれるあのX氏が宮崎キャンプに姿を見せたのだ。

 民放局のスポーツ担当ディレクターが声を潜めながら話す。

「メディア関係者であるX氏は専属の評論家を引き連れて1日だけ取材に訪れたのですが、やはり巨人の関係者は色めき立っていましたよ。昨季まで原前監督のアドバイザー的役割を果たしていたX氏については球団側も一挙一動をまったく把握できず、いいように振り回されていた。原前監督が退任し、今季からX氏は巨人と距離を置くだろうと思われていたところに、当の本人がキャンプにやって来たわけですからね。しかも、かつて昵懇の仲と言われながらしばらく距離を置いていたはずの由伸監督にX氏が最近になって水面下で再接近しているという怪情報が流れていることにも、一部の球団関係者は神経をとがらせている。『球団内にX氏のスパイが忍び込んでいる』という話も飛び交っていますからね。いちおう、この日のX氏は特に目立った動きをしていなかったようですが‥‥」

 2016年シーズンに臨む巨人のキャンプからは、いつ何時“暴発”の事態が起きても不思議ではない兆候が見え隠れしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」