エンタメ

本誌名物1000人アンケート 我が青春を彩った「昭和の歌姫」ランキング(5)インタビュー3.「タッチ」岩崎良美

岩崎宏美に続いてデビューに両親は猛反対
「一度も『疲れた』と言わない姉は憧れだった」



 アニメの主題歌として、初めてレコード大賞の候補になったのが85年の「タッチ」である。歌ったのは岩崎良美(50)で、デビューから5年目の大ヒットだった。

─最新ニュースとして、初のカバーアルバムを秋に発売されるとか。
良美 そうなんです。もうレコーディングは終わっていて、昭和から現在まで、それこそステキな歌姫たちの作品を集めました。自分で言うのも何ですけど、仕上がりは自信あります。
─さて、デビューは松田聖子や田原俊彦と同じで「花の80年組」と呼ばれました。
良美 他にも河合奈保子ちゃんや柏原芳恵ちゃん、もんた&ブラザーズもいて、芸能界自体が活気づいていた時代でしたね。
─その5年前には姉の岩崎宏美がデビューし、新人賞を総なめに。間近で見る〝歌姫.は、どう映った?
良美 朝から夜中まで働きっぱなしなのに、絶対に「疲れた」と言わないし、とにかくキラキラして見えました。私も最初から歌手とは考えなかったけど、芸能界に入りたいと思いました。
─結果的には姉妹そろって歌手になり、両親の反対はなかった?良美 ありましたよォ、同じ世界だと足の引っ張り合いになるんじゃないかって。でも、いつの間にかデビューしてしまったので(笑)。
─当時の歌謡アイドルの忙しさは殺人的だったと言われます。やはり、そんな実感でした?
良美 歌番組もバラエティも多かったですし、夜中には雑誌の撮影があったり、レコード店をキャンペーンでくまなく回ったり。とにかく忙しかったですけど、でも、その分、音楽が身近にあった世の中だったなと思います。
─デビュー年も新人賞レースに名を連ねましたが、真のヒット曲と呼べるのが85年発売の「タッチ」。これまでで最高の25万枚を記録しました。
良美 ところが、最高位は12位くらいなので、本人にはヒットしたって実感がないんですよ。当時、ドラマの「スクールウォーズ」(TBS)の撮影が忙しかったこともあり、オンタイムで「タッチ」を歌った回数も本当に少ないんです。
─いわゆる「ロングセラー」の部類です。あのイントロは、それを聴くだけで青春の日々にタイムスリップさせる効果があります。
良美 8曲くらい続けて歌うお仕事でも、やっぱり「タッチ」のイントロの瞬間、お客さんの反応が違いますね。ポジティブで、とってもエネルギーのある歌なんでしょう。一時はフランス語で、しゃれたアレンジで歌ったこともありましたが、皆さんが喜んでくださるのは原曲のアレンジ。幸い、キーも変わらないので、今は元のまま歌っています。
─つい先日、姉妹で「聖母たちのララバイ」をデュエットしている貴重な映像がオンエアされました。逆にお姉さんが「タッチ」を歌ったことは?
良美 1度、テレビの企画で歌ったそうです。私に「歌ってみると大変ねえ」って言ってました(笑)。
─デビュー30周年を過ぎて、まだまだ〝艶声.はかげりを見せず‥‥。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由
2
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
3
北川景子、「家売るオンナに続編の予感」の裏で囁かれる「リアルに妊娠」説!
4
西野カナ、元マネージャーとの結婚に「禁断の恋」渇望する悶絶反響が続々!
5
羽賀研二「稀代のワル」の履歴書(1)梅宮父娘が背負わされた借金の全容!