芸能

清原和博 “薬物底なし沼”と“あふれ出る女性遍歴”(1)自分のプレイを周囲に放言し…

20160303a

 プロ野球選手時代、86年の新人王以外にタイトルとは縁がなく、「無冠の帝王」と呼ばれた清原容疑者だが、ことネオン街では“夜のホームラン王”として君臨し続けた。浮き名を流した相手もタレント、女子アナ、銀座ママなど、枚挙にイトマがない色男ぶりだったのである。そしての女性遍歴はいつしか、逮捕直前まで溺れた女との快楽半生へと重なっていった──。

「俺は、ありとあらゆる普通ではできないようなプレイも経験したよ。もうやり残したことはないな」

 欲望の限りを尽くした清原和博容疑者(48)が、親しい知人にこう豪語したことがあった。さらには、詳細なことまで付け足して、周囲に語っていた。

「想像以上のことを全部やったよ」

 およそ、野球少年たちが憧れるヒーローが口にするとは思えない言葉の数々だが、当時は酔ったうえでのざれ言として済まされた。しかし、今年2月2日、清原容疑者が自宅マンション内で覚醒剤所持により逮捕されたことから、みずから吹聴したアブノーマルな性行為の自慢話が単なる下ネタでは収まらず、知人の耳には生々しい響きとしてこだまするようになったほどだという。

 甲子園を沸かせたスターは、プロ入り直後から“入れ食い”状態だった。一般の女性ファンはもちろん、有名美女たちとも数々の熱愛騒動を起こしている。

 最初の女性スキャンダルは86年、ルーキーイヤーのオフだった。ベテラン芸能記者が述懐する。

「相手は2歳年上のセクシータレント・雨野夕紀。にっかつロマンポルノでデビューしたばかりのグラマラス美女で、清原が取材のために所沢の合宿所から上京した際に都内の公園でデートしているところを写真誌に激写された。清原は直撃されても、『これが4回目のデート。年上だから気軽に話せる』と、初スキャンダルにもまんざらではない様子で堂々と答えましたが、関係は長く続かなかった」

 まだ上京したての若獅子の咆哮も初々しいばかりだが、当時を知るパ・リーグ関係者は語る。

「清原をこよなく寵愛していた当時の堤義明オーナーからVIP待遇を受けていた。球団の親会社が運営するプリンスホテルのスイートルームを自由に使うことが許されていたんです。清原が遠征先で問題を起こした際に、内々で済ますことができる配慮だった。実際、清原が使った部屋はシーツもベッドもメチャクチャに汚されて、不特定多数の美女と激しく遊びまくっていたのが丸わかりだったといいます」

 その後も、モデルやミス・ユニバース、元女子アナの薮本雅子(48)などゴージャスな美女を次々と堕としていった清原容疑者だが、常々、

「俺はええもん食って、ええ車乗って、ええオンナとつきあうためにプロ野球に入ったんや」

 と、高笑いしていた。実際、BMW、フェラーリ、ベンツ、ベントレー、ポルシェ‥‥と高級外車を次々と乗り換えたのと同様に、美女もやつぎばやに乗り捨てていったのだ。

「96年にはタレントの吉野公佳(40)との自宅密会報道が飛び出しました。しかし、その直前に吉野が体調を崩し、異常なまでに激ヤセしたことで、その原因を巡って清原との交際がこじれたからだと噂されただけでなく、あらぬ疑いをかける向きもあった」(前出・ベテラン芸能記者)

 96年オフ、清原容疑者は幼少時代から憧れた巨人へFA移籍したが、それでも“夜の帝王”の座から下りることはなかった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
5
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣