芸能

最後の賭けに出たフジテレビ、「15時間生放送」失敗ならテレ東にも抜かれる!?

20160226fujitv

 4月からフジテレビが、平日午前4時から午後7時まで、15時間生放送することが決まり様々な意見が飛び交っている。

「少し前まで、『バイキング』と『直撃LIVE グッディ!』の間にカトパンの番組が始まるという噂がありましたが、電撃退社でなくなった。仕方なく2つの番組を引き延ばした感じがします。両番組とも視聴率で苦戦しているだけに、ますます厳しくなるのは目に見えてますよ」(放送作家)

 ほかにも「めちゃイケ」はリニューアルが囁かれ、「すぽると!」は終了が決定するなど、テコ入れに余念がない。

「『笑っていいとも!』が終わってから、まるでダムが決壊したように長寿番組が終わっています。新しい番組もなかなか視聴率が獲れないとすぐ終了。去年の年間視聴率も、ゴールデン、プライム、全日ともに3位以内に入れず惨敗。スポンサー離れも激しく、営業サイドも相当苦しんでいるようです」(制作会社プロデューサー)

 この低迷ぶりは、一体何が原因なのか。

「陸の孤島お台場に来たのが、そもそも失敗の始まり。新宿・河田町にあった頃は、制作スタッフも映画や舞台に通って新しい企画やタレントを発掘してきましたが、今はそんな雰囲気じゃない。フジテレビのDNAも失われつつあります。ピンチだからこそ、若手に大いにチャンスを与えて、ヒット番組を育ててほしいですね」(フジテレビ関係者)

 ここにきて、事態はさらに深刻だという声も聞こえてくる。

「人事部が若手社員に、これからは今までのような報酬を払えないかもしれない。ボーナスを組み込んだローンは組まないでくれと言われ、転職する社員が続出しているようです」(前出・フジテレビ関係者)

 4月改編に失敗すれば、テレビ東京にも抜かれてしまうかも。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故