芸能

綾瀬はるか NHK新ドラマ「精霊の守り人」殺陣シーンで自慢のボディが…

20160317e

 NHKの新ドラマで主演を務める綾瀬はるか(30)だが、この春も色香封印路線は変わらない。しかし、カメラの回らない舞台裏では、大きな胸を揺らす綾瀬の姿に共演者が振り回されていた!

 綾瀬が主演を務めるのは3月16日から放映されるSF作家・上橋菜穂子氏原作のドラマ「精霊の守り人」。

「NHK放送90年 大河ファンタジー」と銘打たれ、17年1月、18年1月と3年越しで全22話が放映される大型企画だ。ある芸能記者はこう言って肩を落とす。

「事務所では今後の綾瀬を、次世代の吉永小百合に育てる方針です。当然、お色気はしばらく封印。このドラマで色っぽいシーンはないようです」

 本作で綾瀬が演じるのは、「短槍使いの女用心棒」という勇ましい役どころ。全編にわたって激しいアクションシーンがある。あるNHKスタッフがこう明かす。

「短い槍を使ったり、素手での格闘など激しい動きが多いドラマです。しかし綾瀬さんは運動が苦手で、反応が鈍いそう。なかなか殺陣(たて)が覚えられないそうです」

 無名の斬られ役が何人も登場する大がかりな殺陣が予定されている。しかし、綾瀬と呼吸を合わせるのに苦労をしていたという。当初は打ち身などが絶えなかったが、何より綾瀬を悩ませたのが筋肉痛。その大きな理由になっているのが、綾瀬の巨大な「お尻」と「おっぱい」だった。

「この撮影で、綾瀬さんはキツめのブラをつけているそうです。それでもあの胸ですから‥‥足を上げて回し蹴りをしたり、相手の攻撃を避けたりするたびに、締めつけられているはずの胸が嫌でも上下左右に揺れてしまうんです」(前出・NHKスタッフ)

 揺れるおっぱいの反動に筋肉が悲鳴を上げ、湿布の臭いが周囲に漂う毎日を送った綾瀬。そしてまた、突き出た胸とお尻は、まさに“おもり”となって綾瀬の体力を奪い続けた。シーンが終わると、ゼエゼエと、よつんばいになって息を切らすほどだった。現場から帰る時には、ヨタヨタしながら車に向かうほど疲労していた綾瀬だが、

「も~、心も体も折れそ~~」

 と、心配するスタッフに、気丈にも笑顔で答えていたという。胸はブラで揺れ対策を講じていた綾瀬だが、

「体を締めつけるような下着は嫌いなんです」

 と周囲にこぼし、下半身は締めつけないようにしていたようだ。

「リハーサルは、ダボッとしたジャージの上下で殺陣師の指導の下、アクションをこなしていました。ジャージの乱れに気がつかないほど必死で、周囲にいたスタッフがハミ出すんじゃないかというほどの迫力。あるシーンでは、少しずつジャージが下がって、ブルーのパンティがはみ出していたのにも気づかず、演技を続けていました」(前出・NHKスタッフ)

 お色気を封印した綾瀬。だが、舞台裏のエロ姿に、現場のスタッフたちの視線は釘づけになったのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ