芸能

ショーンKの学歴詐称はいずれ共演者のハーフモデルに気づかれていた?

20160320seank

 テンプル大学卒やハーバード大学院修了といった経歴がすべてウソだった“ショーンK”ことショーン・ マクアードル川上。いわゆる“文春砲”によって学歴詐称が明るみに出たわけだが、今回のスクープ報道がなかったにしても、いずれはバレていた可能性が近いという。アメリカ事情に詳しいライターが教えてくれた。

「4月から出演予定だった報道番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ)では、ハーフモデルの市川紗椰と共演するはずでした。その市川は14歳までデトロイトで育ち、大学は早稲田に進んだものの、コロンビア大学にも合格していたという経歴の持ち主。英語はネイティブ並みですし、アメリカ人の父親はボストンでコンサルタント業を営んでいます。つまりショーンKが詐称していた経歴すべてに疑問符を差し挟める人物なので、いずれはショーンKの経歴を怪しむようになっていたでしょうね」

 そんなショーンKのビジネスネーム「ショーン・ マクアードル」という名前も、よく考えられたものだという。前出のライターが説明する。

「本人が『ショーン・コネリーと一緒』と説明している“SEAN”、そして日本人には聞き慣れない“Mcardle”はアイルランド系の名前です。その彼が出生地と称していたニューヨークはアイルランド系の住民が多いことでも知られているので、アメリカ事情に詳しい人ほど彼の名前に納得していたことでしょう」

 学歴のみならず、名前や出身地までも詐称していたショーンK。ウソで塗り固めた経歴がバレたいま、今後は熊本県出身の川上伸一郎として、堅実に生きていく方法を模索する時期が来たようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!