芸能

調子に乗っていると評判のコロチキ・ナダルは若手社員の反面教師だった!

20160321korochiki

 コロコロチキチキペッパーズのボケ担当で“いい声”が特徴のナダルが最近、やたらと調子に乗っていると評判だ。3月15日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)では、先輩芸人・インディアンスに対して「目に見えて伸びてる」と評していたことを相方の西野創人に暴露される始末。そんなナダルの調子づいている姿は、社会人にとって良き反面教師となりそうだ。お笑い事情に詳しい編集者がナダルの変わったプロフィールを教えてくれた。

「コロチキは大阪NSCの同期コンビですが、ナダルは西野より7歳も上で、入所時にはすでに26歳でした。大学を卒業して水族館への就職を希望するも断念し、サラリーマンをしていたそうです。そのNSCには高卒で入所する者も多いため、ナダルから見ると年下の先輩芸人も少なくありません。それこそ3期上のインディアンスも年下なので、ナダルは社会人の先輩として半ば本気で、彼らの芸を評価していたのかもしれません」

 同様の「年上なのに後輩」という現象は、一般社会でも珍しくない。大学なら後から入学した浪人生が上級生の現役生に先輩風を吹かしたり、会社では第二新卒者が年下の先輩社員を君付けで呼び、問題になることもある。ナダルもいまそんな状況にハマっているわけだが、実は彼なりの処世術もあるようだ。前出のライターが教えてくれた。

「コロチキは年下の西野のほうからナダルに声をかけて結成しました。その理由は“イジれるお兄さん”として親しみを感じていたから。最近の『調子に乗っているイジリ』にしても、その狙いは指摘を受けたナダルがうなだれる様子を見て笑うところにあります。さらに言えば、いい声キャラのナダルが決して声を荒げないところも、イジられキャラという役作りに性格的に向いているんでしょうね」

 若手ながらすでに31歳と、後戻りのできない環境で頑張っているナダル。彼がイジられキャラに徹している姿は、微妙な年齢の若手会社員にとっては大いに参考になりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”