芸能

石川恋 「ビリギャル」で話題の美女の初写真集はいきなり隠すことなく全開!

20160331m

 ベストセラー本「ビリギャル」の表紙を飾った石川恋(22)が初写真集を発売。黒髪にイメチェンした“優等生”の全開ショットで、売り上げ1位を獲得した!

 2月29日、モデルやグラドルとして活躍する石川の写真集「LOVE LETTERS」(集英社)が書店に並んだ。

 それから1週間後、都内の書店では売り切れ寸前の状況が相次いでいた。写真集コーナーを担当する書店員が驚きながら話す。

「発売直後は2、3冊棚に並べていただけです。そしたら男性客を中心にあっという間に売れたので、平積みにしました。入荷分はほとんど残っていません」

 オリコンが発表した写真集部門のランキングで売り上げ1位を獲得(3月14日付)。その人気の高さを証明する結果となった。

 石川といえば、累計100万部を超えた「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(KADOKAWA)の表紙カバーで、不機嫌な表情をした金髪ギャルの容姿が話題になった。その後、バラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)の企画で、金髪から黒髪に“強制的”にイメチェンさせられている。

「金髪が気に入っていたようで、美容院で大泣きしていました」(番組スタッフ)

 本人の思いとは裏腹に、清楚な装いになったとたん、CMや映画など次々と仕事が舞い込み、初写真集の発売も決まったのだった。

 ハワイ・マウイ島での撮影では、いきなり出し惜しみなく肌を露出させ、「エロギャル」へと変貌した。

 南国の太陽の日ざしを一身に浴びながら、波打ち際に立った石川は、上半身は何も身につけておらず、下半身を覆うのは最小限の面積で隠れたピンクビキニのみ。Dカップの柔乳を手のひらでムギュッと包み込み、乳輪スレスレの肢体を見せつけた。ふだんは目力の強い石川だが、「優しく抱いて‥‥」と言わんばかりに甘えた視線を向け、口を一文字に結ぶのだった。

 かつて石川を取材したライターはこう話す。

「グラビアを始めてから、毎週、各雑誌に掲載されたグラドルの写真を見て、ポーズや表情の勉強をしているそうです。インタビュー取材では、質問に対して頭の回転が速く、明確に答えてくれます」

 下ネタばかりか、初体験の話もあけすけで、すでに“卒業済み”の模様。イベントの仕事でも「サービス精神」が旺盛のようだ。

「昨年7月に行われたレースゲームのイベントで、石川さんはレースクイーンの設定で登場。ホットパンツの衣装から小尻の肉がハミ出ていたので、後ろを向くたびにシャッター音が鳴り響いていたんです。石川さんも気づいていたようですが、むしろ下半身に注目が集まっているのを楽しむように、ほほえんでいました」(イベント関係者)

 もっと大胆な脱ぎっぷりが期待される次回作では、「手ブラはずし」の熱烈コールを送りたい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由