芸能

日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(4)“はれもの”扱いから徐々に周りの信頼が…

20160414t4th

 やはり気になるのは私生活だろう。内定騒動時にはLINEが流出し、「ずっと一緒~死ぬまで一緒~」「結婚したら○○里菜」「はやく会いたいお~」「大好き大好き大好き(が18コ)」といった彼氏とのやり取りが暴露されている。お嬢様大学として知られる東洋英和女学院大学時代はミス・キャンパスに輝くなど、華々しい大学生活を謳歌している。

「大学では『HUNTER』というグループを組んでいたそうです。“いい男をゲットする肉食系女子”を連想してしまいますよね。当時の彼氏とは入社後に別れたという情報もある。局からは『まっすぐ帰宅するように』とキツく釘を刺され、真面目に守っている。どれだけ調べても交際は出てこなかった」(写真週刊誌カメラマン)

 一方で、「入社時より少し太った」と言われるボディはますます色気を増している。その成長ぶりが判明したのが、2月の東京マラソンへの出場だ。日テレは笹崎アナの事前練習に密着して放送。これらの映像はまさに“お宝”の山だった。

「バストは推定82センチのCカップというところで、バランスの取れたイマドキ風のスタイル。実は『隠れ肥満』であることが、マラソンに向けた体脂肪率測定で発覚しています。本人はショックを受けていましたが、これは喜ばしいこと。細身の筋肉質に比べ、柔らかい隠れ肥満のボディは抱き心地はいいですからね。オマケに、子供の頃から13年間もクラシックバレエを続けていますから、体の柔らかさも折り紙付きです」(芸能評論家・小松立志氏)

 現在のところレギュラー出演している番組は「シューイチ」のみ。この4月から帯番組「ZIP!」のレギュラーに抜擢された、同期の尾崎アナに比べるとメディアへの登場は少ないが、これも将来のエース候補を育てるための、日テレによる周到な戦略だという。

「じっくりアナウンサーとしての実力をつけさせ、ほとぼりが冷めた段階で大々的に売り出すつもりのようです。これだけの話題性を放っておく手はありません。まずは特番バラエティでの出演が増えていくことになるでしょう」(日テレ関係者)

 フジテレビのカトパンこと加藤綾子アナ(30)の退社によって、女子アナ人気ランキングは戦国時代に突入。今のところは日テレの先輩である“ミトちゃん”こと水卜アナの強さが際立っているが、笹崎には新世代の女子アナ像を確立して、次世代の天下を担ってほしいところだ。

 本格攻勢は今年秋の改編時と見られているが、それまで待ちきれそうにない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」