芸能

「怒り新党」抜擢の青山愛アナは右頬のえくぼが魅力的な超才媛!

20160413aoyama

 今春の要注目女子アナは、テレビ朝日の青山愛だろう。青山アナは2011年に入社。同年8月から「報道ステーション」のお天気キャスター、14年4月から「報ステ」のスポーツキャスターを務めた。同キャスターを今年3月末で卒業し、10日スタートの新スポーツニュース番組「スポーツサンデー」のMCに抜擢されている。テレビ誌記者が言う。

「『スポーツサンデー』の初回は、2年間スポーツキャスターを務めてきた経験と実績をいかんなく発揮。相方の大西洋平アナとのコンビネーションも上々だった。『報ステ』時代にファンを魅了した右頬のえくぼも健在。あの笑顔に癒されるともっぱらです。本人は朝番組出演が初めてのため、『朝は未知の世界』とビビっていたんですが、『この番組で、小鳥のさえずりを目指したい』と意気込んでいる」

 今年はオリンピックイヤーで、スポーツの注目度が大幅にアップする。4年に一度のスポーツの祭典を伝えるスポーツキャスターは、登場回数も激増必至で、局の花形といえる。

 青山アナは京都大経済学部卒の才媛。海外在住歴13年の帰国子女で、英検1級のバイリンガルであり、通訳なしで外国人選手と会話ができる。そのため、局も彼女に大いに期待しているという。その期待の表れが「マツコ&有吉の怒り新党」への抜擢だともいう。あの夏目三久の後釜に青山を据えたのだ。

 8日の初収録後の会見で、初バラエティ番組出演の青山アナは緊張の面持ち。「大きなプレッシャーと大きな不安を抱えて初収録に臨みましたが、マツコさんと有吉さんの温かな雰囲気と、時折飛んでくる鋭い突っ込みに助けられながら、無事収録を終えることができました」と語った。放送担当記者が語る。

「この番組は、マツコと有吉が吐き散らす毒舌の連発と、冷静かつ慎重に2人をさばく夏目のクールビューティーぶりが絶賛されていました。夏目ロスを口にするファンや夏目卒業に反発して番組絶縁を宣言する声がネットで拡散されるなど、ポスト夏目は誰を据えても批判が出るのは間違いなかった。青山アナは過酷な海外経験を経て、今では『どこの国でも生きていける』と豪語するほどの強心臓の持ち主。自信家で鼻っ柱が強く考え方は欧米流で、興奮すると英語がポンポン飛び出します。夏目のように受け流したり、笑い飛ばしたりとは全く違う化学反応を見せることになるでしょう。放送6年目になり、マンネリ化が囁かれていたこともあり、大胆なすげ替えとなりました。夏目ロスを公言する人にはそっぽを向かれるかもしれませんが、逆に新しいファンを開拓できるかもしれない。どんなさばき方をするか、見ものですよ」

 青山アナは4月13日の放送から登場する。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」