女子アナ

「怒り新党」で“庶務”を全うのテレ朝・青山愛アナに向けられたねぎらいの声

 3月29日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、“総裁秘書”だった夏目三久の後を継いで“庶務”として番組を切り盛りしてきた青山愛アナが涙をこぼした。

 最終回となったこの放送で、マツコ・デラックスはこれまで意見が噛み合わず、何度も罵倒してきた青山アナに対して「あんまりこういうこと言いたくないけど、私はあなたを好きでしたよ、本当に」とコメント。青山アナは「光栄でした。ありがとうございました」と涙したのだ。

「青山アナが夏目の後を継いだのは昨年4月13日放送の回から。これまで、主に報道・スポーツ系の番組ばかりに出演していましたから、当初は青山アナの後任を不安視する声がありました。しかし、2人に対する歯に衣着せぬ物言いや、過去の恋愛遍歴を語る姿勢に、徐々に好意的に見られるようになっていきました。ネット上でも『イエスマンじゃないところがよかった』『この番組で好きになったな』『キャラを確立できてよかったんじゃないかな』などねぎらいの言葉が多数。この1年、しっかり2人に揉まれましたからね。今後、どんなバラエティに出ても対応できるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 有吉弘行とマツコの後継番組に、青山アナが出ないことを残念がる声もあり、それだけ印象深い“庶務ぶり”だったようだ。

 青山アナの別番組での活躍、そして後継番組で2人を相手にする久保田直子アナの奮闘ぶりに期待だ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」