女子アナ

青山愛アナのリストラが目的?「怒り新党」改変で再確認された「夏目三久の壁」

20170309_asagei_aoyama

 やはり代償は大きかった!?

 放送開始から約6年続いた人気バラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)が、4月から新番組にリニューアルされることが発表され、少なからず世間をザワつかせている。

 4月からは同番組のレギュラー出演者であるマツコ・デラックスと有吉弘行による新番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」がスタートするという。

「マツコ&有吉の怒り新党」は視聴者から寄せられた怒りの投稿メールに対し、2人が怒っていいかどうかを判定しつつ、同時にユニークな掛け合いトークが楽しめることで人気だった。しかし、最近は番組の看板コーナー「新・3大〇〇調査会」もネタ切れ感が否めなかったのも確かで、番組リニューアルも妥当な判断だったという冷静な意見も多い。

 一方で、「怒り新党」の視聴率が低下してきたのもまた事実。リニューアルの大きな理由の1つに違いない。以前はこの番組を視聴していたが、現在ではすっかり番組を見なくなったという“元視聴者”たちが、今回の改変についての意見をネット上に投稿しているが、圧倒的に多い声があるという。

「番組スタートから進行役として参加して人気を博していた夏目三久が、昨年3月に降板。後任には同局の青山愛アナが就任しましたが、このタイミングで視聴を辞めたという層はかなりいるはずです。やや暴走気味な方向にトークが広がることもあるマツコと有吉の中和剤として、落ち着いたブレない口調を崩さない夏目がいることでスタジオのバランスは保たれていた。それだけに、青山アナも夏目と似た上品なタイプとはいえ、番組ファンには物足りなく映ったようです。その証拠に、新番組では青山アナではなく、彼女とは対照的なとにかく明るく元気さが売りの久保田直子アナが進行役に選ばれていますからね。局としても心機一転という目論見でしょう」(テレビ誌記者)

 ネット上の意見を少し拾うと、「事実上、青山アナだけがリストラか」「やっぱ青山アナじゃ夏目は超えられなかった」など、青山アナがいかに難しい仕事を押し付けられたかがわかる。

 その青山アナはBS朝日で放送されている報道番組「いま世界は」で、1月から自身初となる報道キャスターを担当中。そちらの番組でのブレイクを祈りたいところだ。

(本多ヒロシ)

関連記事:複数の外国人と!「怒り新党」青山愛アナの男性経験に視聴者が大ショック http://www.asagei.com/excerpt/56596

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?