女子アナ

青山愛アナのリストラが目的?「怒り新党」改変で再確認された「夏目三久の壁」

20170309_asagei_aoyama

 やはり代償は大きかった!?

 放送開始から約6年続いた人気バラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)が、4月から新番組にリニューアルされることが発表され、少なからず世間をザワつかせている。

 4月からは同番組のレギュラー出演者であるマツコ・デラックスと有吉弘行による新番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」がスタートするという。

「マツコ&有吉の怒り新党」は視聴者から寄せられた怒りの投稿メールに対し、2人が怒っていいかどうかを判定しつつ、同時にユニークな掛け合いトークが楽しめることで人気だった。しかし、最近は番組の看板コーナー「新・3大〇〇調査会」もネタ切れ感が否めなかったのも確かで、番組リニューアルも妥当な判断だったという冷静な意見も多い。

 一方で、「怒り新党」の視聴率が低下してきたのもまた事実。リニューアルの大きな理由の1つに違いない。以前はこの番組を視聴していたが、現在ではすっかり番組を見なくなったという“元視聴者”たちが、今回の改変についての意見をネット上に投稿しているが、圧倒的に多い声があるという。

「番組スタートから進行役として参加して人気を博していた夏目三久が、昨年3月に降板。後任には同局の青山愛アナが就任しましたが、このタイミングで視聴を辞めたという層はかなりいるはずです。やや暴走気味な方向にトークが広がることもあるマツコと有吉の中和剤として、落ち着いたブレない口調を崩さない夏目がいることでスタジオのバランスは保たれていた。それだけに、青山アナも夏目と似た上品なタイプとはいえ、番組ファンには物足りなく映ったようです。その証拠に、新番組では青山アナではなく、彼女とは対照的なとにかく明るく元気さが売りの久保田直子アナが進行役に選ばれていますからね。局としても心機一転という目論見でしょう」(テレビ誌記者)

 ネット上の意見を少し拾うと、「事実上、青山アナだけがリストラか」「やっぱ青山アナじゃ夏目は超えられなかった」など、青山アナがいかに難しい仕事を押し付けられたかがわかる。

 その青山アナはBS朝日で放送されている報道番組「いま世界は」で、1月から自身初となる報道キャスターを担当中。そちらの番組でのブレイクを祈りたいところだ。

(本多ヒロシ)

関連記事:複数の外国人と!「怒り新党」青山愛アナの男性経験に視聴者が大ショック http://www.asagei.com/excerpt/56596

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!