社会

血管の名医が解説!これが「突然死しない1日」だ!(4)間違った思い込みは捨てよう

20160428r

 ここまで安全に1日を過ごしてきたら、いよいよ布団に入って休息。明日に備えるのだ。

「よく眠れなかったから朝長く寝ようという人がいますが、そういう人に限ってイライラしやすい。寝る時間がバラバラなら、朝起きる時間を一定にしておけば体内時計は狂いません。それが自律神経の乱れを起こさない眠り方なのです」

 仕事があれば、休日あり。たまの休日ぐらいは、自分のペースで気ままに時間を過ごしたい、と思う人も多いはず。しかし、このストレス解消が突然死の呼び水になることもあるのだ。

「せっかくの休日なので寝だめしようと、昼過ぎまでゴロゴロしていると、昼間の運動量が減り、さらに起きる時間の変化で自律神経が乱れる。結果、肥満になり、糖尿病を悪化させる原因となります」

 パチンコ、競馬などのギャンブルでストレス解消、という御仁もいるだろう。

「かつて、パチンコで『フィーバー』がブームだった頃、心筋梗塞を発症してパチンコ店からそのまま搬送されてきた患者さんを多く診ました。パチンコを含め、ギャンブルは負けてイライラ。勝ったら勝ったで、今度は興奮して血圧が急上昇するため、突然死のリスクは非常に高い。ストレスを解消する点から考えればいいかもしれませんが、血管のことを考えると、百害あって一利なし。文字どおり、突然死への方程式ですね」

 平日は疲れてソノ気になれないという人も、休日には奥さんや恋人とエッチしたい、あるいは風俗へ、ということもあるだろう。

「興奮するとか気持ちいい、といったことを抜きに、血管、あるいは心臓のことを考えた場合は『楽か、ややきつい』が運動の鉄則。そう考えると、不倫などの場合は秘密を隠そうと常に緊張してしまい、家にいる時でも交感神経は緊張しっぱなしで、血圧も上がりがちになる。また、相手が奥さんよりも若い場合、相手を満足させようとつい張り切りすぎてしまうため、突然死のリスクは高くなる。つまり、エッチは奥さんや恋人といった、倫理に反さない相手とすべきだと思いますね」

 当然のことだが、突然死予防のための生活習慣改善は、早ければ早いほど効果的だ。今までの間違った思い込みを捨てることこそが、突然死のリスクを防止する最善策なのである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?