芸能

米倉涼子 離婚協議ドロ沼化のウップンをある方法で発散中!

20160505_12j-2

 13年ぶりの時代劇ドラマに挑んだ米倉涼子(40)。私生活では夫と離婚協議中で昨年末には、夫に手切れ金を支払うことも報じられた。しかし米倉は、そのうっぷんをある方法で晴らしていたのだ!

 米倉が主演として挑んだのは、4月8日に放送した松本清張原作の「かげろう絵図」(フジテレビ系)。米倉といえば、これまで「黒革の手帖」「けものみち」「わるいやつら」の「3部作」(いずれもテレビ朝日系)で悪女を演じている。清張作品との相性は抜群なのだが、すでに制作発表会見の装いからも意気込みが伝わってきた。

「太腿の奥までチラチラ見えるほどのミニドレスを着ていました。黒をベースにしていたので、真っ白な太腿が映えて抜群に色っぽかったです」(芸能記者)

 本作で米倉が演じたのは大奥に潜り込むスパイ。着物とはいえ立ち回りも艶やかで、剣を振り上げた時に二の腕を突き出し、袴から白い脛を見せるなど、明らかに露出を意図していた。背景には私生活で抱えた離婚問題があるようだ。

 米倉は14年末の2歳年下の実業家との電撃結婚から3カ月で別居。昨年4月に「週刊文春」が夫によるDV疑惑が原因であることを報じた。現在も離婚協議が続いているようだが、昨年末には早期解決のため米倉が夫に「慰謝料」という形の手切れ金を支払うことも報じられている。

 しかし、別れたくても別れられないドロ沼的状況とは逆に、米倉の衣装はどんどん“身軽”になった。プライベートのうっぷんを脱ぐことで発散していると明かすのはある芸能関係者だ。

「代表作『ドクターX』(テレ朝系)では、シーズンごとにスカートがどんどん短くなっています。露出を増やすことで、夫に『もう戻らない』とアピールをしているのです」

 それが証拠に米倉は打ち合わせなどで、こんな大胆な発言をしているという。

「私の体の一部を見て喜んでもらえるならうれしいですね」

 今年も放送される「家政婦は見た!」(テレ朝系)では、入浴シーンや着替えのシーンなどふんだんに用意されているという。しかし米倉は、テレビ放送のHシーンにも一切クレームをつけないばかりか、むしろ、

「こうやったほうが胸の膨らみが強調されるんじゃないの?」

 と、みずからアイデアを出すほど積極的なのだ。待ち時間中もストレッチに余念がなく、鏡の前に立って脚を頭上に上げて180度の“御開帳”も行っている。真夏でも白湯を飲み、

「体調を活発にすれば肌も衰えないし、たるみを抑えられる」

 とH露出のために体質改善さえいとわない。もはや「癖」のレベルに達した米倉の、さらなる一肌脱ぎに期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”