芸能

「ブラタモリ」高視聴率の裏で前担当の桑子真帆アナが艶っぽくなっていた!

20160512buratamori

 タモリが日本各地をブラブラと歩きまわる「ブラタモリ」(NHK)が、5月7日の放送回で番組史上最高となる視聴率16.0%をマークした。同番組ではこの4月に“旅の相棒”が、桑子真帆アナから2歳年下の近江友里恵アナへとバトンタッチしたばかり。童顔がトレードマークの近江アナに食いつく視聴者も多かったようだ。

 一方で、4月にスタートした「ニュースチェック11」(月~金)のキャスターとして“夜の顔”に転身した桑子アナにも熱い注目が集まっているという。テレビ誌のライターが説明する。

「同番組のセットはラジオの収録スタジオをイメージしており、桑子アナはかつての滝川クリステルのように斜め視線でカメラを見つめたり、時には下から煽る角度で映し出されることも。髪をアップにして首元をさらす姿には女らしさがあふれており、その艶っぽさは『ブラタモリ』時代とは大違いですね。彼女には悪いですが、『こんなに美人だったっけ?』と驚くほどです」

 そんな桑子アナは「ブラタモリ」に抜てきされる前に、子供向け番組「ワラッチャオ!」(NHK BSプレミアム)で“まほお姉さん”役を務めていた時期も。番組ではピエロのような派手な色の衣装を身にまとい、NHKの局アナとは思えない変顔も披露。その当時を知る女性誌ライターが、感慨深そうに教えてくれた。

「当時の桑子アナは少し垢抜けない雰囲気が子供番組にはむしろ適役で、共演の動物キャラからも何かとイジられるなど、健気に頑張っていました。公開収録では上手いとは言えない歌声とダンスでアイドルの楽曲を熱唱していたことも。だから彼女が『ブラタモリ』に抜てきされたときは、そのイジられ上手な点を評価されたのかなと思ったんですが、今や報道番組のキャスターですから人はどう化けるかわかりませんね」

 その「ニュースチェック11」では美貌ばかりではなく、仕切りの上手さも発揮している桑子アナ。そんな活躍の裏には、音を外しながら「アイラブユ~♪ アイウォンチュ~♪」と熱唱してきた過去の積み上げがあったのかと思うと、思わず視界が涙でボヤけてきそうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント