芸能

NHKフリー独立バトルの最新オッズを公開!「◎は“五輪内定”中川安奈」

 登坂淳一、武田真一、青井実‥‥、〝全国区〟NHKで名前と顔を売ったアナウンサーを重宝がる民放各局。男子アナに続けとばかり、独立フリーが加速する女子アナ勢を品定めする!

 下馬評で独立間近と囁かれるのが、今や桑子真帆アナ(36)と人気を二分する中川杏奈アナ(30)。スポーツ番組「サンデースポーツ」でキャスターを務め、有名アスリートにも物怖じしない堂々たるインタビュースタイルが評価を得ている。その一方で、隠しきれない独特の色香が話題になることも多く、今年1月に同番組で、ボディラインが強調されたパープルニットを着用した際は、SNSで「ぷるんぷるんして、けしから!」という批判の声が上がったことも。

 自身のSNSでもセクシー路線を驀進しており、今では削除されたものの、ほてった表情の風呂上がりの1枚や、バーカウンターにたわわな胸を載せた写真など、品格ある女子アナにあるまじき、驚天動地のサービスショットの数々をアップしていた。

 業界関係者の間では、「セクシーすぎるNHK女子アナ」というキャラを確立したあと、電撃退局を狙っていると噂されているのだ。

 が、NHK関係者はこのフリー説を打ち消す。

「4月の新人研修では講師として後輩の指導に当たっていましたよ。今は退社フリーより、五輪担当アナという栄誉を強く望んでいる。実際、すでに中川アナのパリ行きには内定が出たようです」

 コンコルド広場で中川アナのプルンプルンなエッフェルポーズが当確! 女子アナウオッチャー丸山大次郎氏も期待大の様子だ。

「ハツラツとしながら、バストが印象的なボディラインは、まさにNHKのスポーツキャスターらしい存在です。その意味では、フリーになってからも需要は十分にあります。まだ30歳なので、今スグということはないでしょうが、番組卒業のタイミングでフリーに挑戦という可能性はあるでしょうね」

 人気と実力を兼ね備え、独立候補の常連とも言われるのが、前述した桑子アナだ。「ブラタモリ」のアシスタントとして、タモリ(78)と息の合った軽妙なやり取りをしたかと思えば、報道キャスターとして「クローズアップ現代」でジャーナリスティックな一面も見せた。硬軟取り混ぜたスタンスは〝ポスト有働由美子〟との呼び声も高い。

「ポテンシャルは確かなものですが、NHKからの期待の大きさがうかがえるので、辞める理由はないでしょう。ただ今後、『クロ現』での実績を蓄えた状態で、妊娠や出産のような転機を経て、満を持して‥‥というミラクルも可能性のひとつです」(丸山氏)

 数々の逸材が居並ぶ中で、丸山氏が最も独立の可能性が高いと指摘するのが、井上あさひアナ(42)である。

「15年に『ニュースウオッチ9』を降板し、東京から京都局に異動になった際は〝あさひロス〟という言葉が生まれた人気アナです。しかし、産休後に担当しているのはEテレの『きょうの健康』という短尺番組に留まっています。後輩アナが育ってきている中で、出番を増やしていけるかどうか。落ち着いたトーンや原稿読みなどの実力がピカイチなので、今後、大きな番組を担当できなければ、報道キャスターとしてフリー転向の可能性は大きいでしょう」

 窮鼠猫をかむ、閑職に追いやられた井上アナが奮起すれば〝1億円フリー〟の有働アナに比肩する破壊力を持つのは間違いなし。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し