芸能

センスが理解不能!フジテレビの“手垢ドラマ”リメイク決定に業界がア然!

20160512fujitv

 フジテレビの連続ドラマの爆死が続いている。今季も芦田愛菜主演の「OUR HOUSE」が視聴率3.8%、松下奈緒の「早子先生、結婚するって本当ですか?」が4.9%。伊藤英明の「僕のヤバイ妻」が6.8%という惨状。そんな中、とんでもないドラマの放送が決まった。テレビ誌記者が憤慨しながら説明する。

「深夜枠で全16話の放送が決まりました。累計発行部数420万部を突破した小川彌生氏の漫画『きみはペット』です。才色兼備のキャリアウーマンが段ボールの中に捨てられていたイケメンをペットとして飼うことから始まるラブストーリー。昨今、漫画原作のドラマは掃いて捨てるほどあります。しかし、これは13年前にTBSで小雪と嵐の松本潤主演でドラマ化され、5年前には韓国でチャン・グンソクとキム・ハヌルを起用して映画化もされました。こんな手垢のついた作品を今さらやろうというセンスが全く理解できません」

 主演を務めるのは、入山法子と志尊淳。モデル出身で既婚者の女優と戦隊モノ出身のイケメン俳優だが、小粒感は否めない。制作を担当するのは、昨年フジで放送したドラマ「南くんの恋人~my little lover」の制作チームだ。ドラマウォッチャーが呆れながら言う。

「『南くんの恋人』は内田春菊の漫画が原作です。90年に工藤正貴と石田ひかり、94年には武田真治と高橋由美子、04年に二宮和也と深田恭子というラインナップで、3度にわたってドラマ化されました。フジはとにかくリメイク作品が多い。96年に柏原崇と佐藤藍子主演でテレビ朝日でドラマ化され、台湾、韓国、タイでも放送されたほどの人気漫画『イタズラなKiss』を3年前にフジテレビTWOでドラマ化したこともあります。2年前には続編『イタズラなKiss2~Love in TOKYO』を放送しています」

 フジで出がらし企画がはびこるのは、いったいなぜなのか。「企画書に問題あり」とするのは、前出のテレビ誌記者だ。

「限られた予算をうまく回していくには、ハズさないことが第一。海のものとも山のものともつかないオリジナル作品では通らない。過去にドラマ化されてそこそこの数字を上げていれば、まずOKが出ます。それに○○風の味付けとか、××調の展開と書くだけで内容が想像しやすくなり、説明する必要もありません」

 バブル期に上げた高視聴率ドラマの夢からいまだに醒めないフジテレビ。いよいよ終末期に突入しようとしている。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え