芸能

NHKが朝ドラにももクロをゴリ押し!3作品連続でアイドルを優遇か!?

20160520momokuro

 10月にスタートするNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に、ももいろクローバーZの百田夏菜子がレギュラー出演するという。その朝ドラでは前クール「あさが来た」の終盤に突如、元AKB48の大島優子が出演して物議を醸したばかり。放送中の「とと姉ちゃん」にも元AKB48の川栄李奈がレギュラー出演しており、3作連続でのアイドル起用となった形だ。そんな配役についてテレビ誌のライターはこんな疑問を呈する。

「大島と川栄はまだ女優としての経験がありましたが、百田にはドラマ出演の経験がなく、演技力は未知数。それどころか2010年公開の『シロメ』はアイドル映画史に残る駄作として有名です。そう考えると百田の起用では知名度と話題性が理由なのは明らかで、これではヒロインオーディションで芳根京子に負けた新進女優たちも納得いかないことでしょう」

 その朝ドラは出演へのハードルが高い作品として、女優たちが憧れる舞台のはずだ。アイドルをテーマとした「あまちゃん」でさえ、アイドルグループGMT47のメンバーを演じていたのは若手女優ばかりで、本職のアイドルは不在だった。それゆえここ3作品にて、演技力で選ばれたと思えないアイドルを連続起用しているのは異様な光景に映る。その変化について前出のテレビ誌ライターが続ける。

「実はNHKはアイドルが大好き。音楽番組の『MUSIC JAPAN』にはAKB48やももクロがしょっちゅう出演していますし、先日もベイビーメタルの特集番組を放送したばかり。教育バラエティ番組『Rの法則』(Eテレ)には若手アイドルを多数出演させるなど、アイドルとの親和性はますます上がっています。それがついに朝ドラにも影響を及ぼすようになってきたのでしょう。次はきっと、大河ドラマにもアイドルが毎回のように出演するかもしれませんよ」

 アイドル好きからは歓迎の声もあがっているが、問題は視聴者を納得させられる演技ができるかどうかだ。その意味で、ももクロ百田にかかるプレッシャーは相当なものになることは間違いないだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
TBS山形純菜アナ「これはスナックのママでは!?」激変メイクに滲み出る「実は闇キャラ」素顔