芸能

常盤貴子 新作映画で魅せる「私生活は仮面夫婦」でも12年ぶり「濡れ場」の妖艶度

20160602p

 これぞオトナの女、という色香を存分にスクリーンから放出──。常盤貴子(44)が挑む12年ぶりの濡れ場に、記者の胸も熱くなった。その艶技を、真っ先に公開。

「髪、切ったんだね‥‥」

 閑静な昼下がり。ソファに腰掛け、男にささやかれる女。肩まで伸びた黒髪の匂いを堪能した男は、鼻を女の耳に押しつけた。

「あら、どうしたんですか」

 とぼけた振りを見せるものの、首筋にキスをされ、その快楽から女の視線は宙をさまよう。そして理性を失った男は女を一気に押し倒した。

「あぁ‥‥」

 女は湧き出る嬌声を抑えきれなかった──。

 常盤がこんな官能シーンを演じたのは、9月10日公開の映画「だれかの木琴」(キノフィルムズ)の冒頭場面。直木賞作家・井上荒野氏の同名小説が原作だ。

 常盤扮する小夜子は、夫・勝村政信(52)や娘とともに東京に移住してくる。見知らぬ土地での生活に戸惑う中、初めて訪れた美容院で池松壮亮(25)扮する美容師の海斗と出会う。何気ない営業メールをきっかけに執着を抱き始める常盤。池松の自宅を突き止めると、ドアノブに差し入れをぶら下げたり、池松が恋人と愛を確かめ合っていた部屋に上がり込むなど、ストーカー行為に駆り立てられる人妻役を熱演している。

 常盤といえば、93年のドラマ「悪魔のKISS」(フジテレビ系)で風俗嬢に転身した女子大生を演じ、おわん形のバストとピンク乳首を惜しげもなくさらしている。04年には映画「赤い月」で、伊勢谷友介(39)と対面座位での激しい全裸セックスを披露。「私の中であなたを取り戻して」のセリフがたまらない興奮をかきたてた。今回の濡れ場はそれ以来だ。すっかり熟成した色気は、続くシーンでも発揮された。

 新調したベッドの上に寝そべり、目を閉じる常盤。すると勝村が覆いかぶさり、エプロンを外す。ニットでいっそう強調された豊満なD乳の膨らみが現れると、服の上から丁寧になで回される。そのそばでは池松が、繊細なタッチの指で頭や髪の毛を執拗にいじるのだ。男2人からの愛撫に体がうずいた常盤は、体をくの字に曲げるのだった。

 実はこのシーン、常盤の妄想を描いたもの。いわば「バーチャル3P」である。

 常盤の妄想はとどまるところを知らない。池松が働く美容室を訪れてイスに座ると、またもや淫靡な世界に浸っていく。

 なぜかまたもや現れた勝村はいきなり、常盤の胸元からニットの中へと手を差し入れた。イスに座ったまま、後ろから胸の形が変わるほど、ゆっくりと何度も揉みしだかれる。常盤はウットリと恍惚の表情を浮かべるのだった。

 そのソソる姿は、純白のキャミソールのシーンでトドメを刺した。一戦を交え、裸でうつ伏せになっている勝村の背中を、ほほえみながら指でなぞる常盤。その妖艶なたたずまいには、四十路の熟れたニオイが充満していた──。

 何やら私生活のうっぷんを官能艶技で爆発させているかのように思えるが、それもそのはず。実生活では09年に結婚した長塚圭史(41)が、12年に真木よう子(33)との不倫を写真誌にキャッチされているからだ。

「この不倫疑惑後、仮面夫婦と呼ばれるようになりました。その後、常盤と長塚はなぜか、真木が住む東京・渋谷区の高級住宅地に引っ越してきた。それもひときわ目立つ、古びた屋敷にです。芸能記者の間では、あえて“不倫相手”の近くに住むことで逆に会いにくくし、真木への当てつけの意味もある、と話題になった。ただ最近は『この人は私がいないとダメだ』と考えているようで、親しい友人に『私が頑張らないとね』と話しているとか」(ベテラン芸能記者)

 どんどんスクリーンでうっぷんを晴らして、「頑張って」もらいたいものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」