芸能

最上もがが整形を否定するも人気の秘密は「並みの顔」ではなく「豊かなバスト」

20160604mogami

 アイドルグループ・でんぱ組.incの最上もがが6月1日のブログで「何度でもいいますが、整形はしてません」と、自身の整形疑惑を真っ向から否定してみせた。

 ドラマ「重版出来!」(TBS系)にレギュラー出演し、お茶の間の知名度が高まってきた最上だが、ぷっくりした唇やバッチリ入ったアイメイクなどを理由に、かねてより整形疑惑が絶えないのも事実である。そんな最上について、数多くの女性アイドルを取材してきたアイドル誌のライターはこう語る。

「彼女を擁護するわけではありませんが、最上が整形していないのは明らかですね。公式には認めていませんが、最上はアイドルになる前の学生時代に別名義でイメージDVDをリリースしており、それと見比べれば少し痩せたことと歯並びが変わったこと以外、何ら変わっていないのは一目瞭然。二重まぶたの幅も鼻筋の高さも一緒ですし、ヒップの形なんて笑っちゃうくらい変わっていませんよ」

 本人によるとメイクを覚えたことと歯科矯正に加え、ファッションを学んだり笑顔を練習したことで、現在のルックスにたどり着いたようだ。現在では「金髪の異端児」としておなじみの存在になった最上のルックスについて、前出のアイドル誌ライターはこんな評価を語る。

「まあまあ可愛いけど芸能人としては並みというのが正直なところでしょう。そんな見た目を金髪とショートボブ、濃さを感じさせないメイクで飾り立て、最上もが像を作り上げている点は称賛に値します。そして何より絶賛したいのは、細身の体に不釣り合いなぷっくりバスト。DVD当時からはダイエットでサイズダウンしたものの、丸さを実感させる形は変わっていません。金髪女子の一般的なイメージを覆すこのバストこそが、最上を孤高の存在に押し上げている決め手でしょうね」

 おそらくは目も鼻も直していない最上だが、なによりまったく手の入っていないバストが持つ破壊力こそが、男子にとっては最大の魅力であることは間違いなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故