芸能

“女性好き”じゃなかったの!?TBSの“Fカップアナ”電撃結婚にファンが落胆

20160607hayashi

 TBSの林みなほアナが結婚間近であることが6月3日、明らかになった。そのお相手は、以前担当したラジオ番組「林みなほ プレシャスサンデー」の現場で知り合った同局関係者で、すでに相手の両親に挨拶を済ませ、上司にも結婚報告をして入籍を待つばかりだという。スポーツ紙放送担当記者が解説する。

「林アナは入社5年目。170センチの長身に正統派美人顔、Fカップの持ち主です。昨秋発売された『TBSアナウンサーカレンダー2016』で、トリの12月を務めるなど、『ポスト田中みな実』として局の期待を背負ってプッシュされていた。サバサバした男前な性格でスタッフ受けもよく、食レポでは日本テレビの水卜麻美アナと互角の大食いぶりを披露。この4月からは『あさチャン!サタデー』で報道キャスターに初挑戦し、硬軟こなす器用さを見せていました」

 林アナは入社以来、まったく男っ気がなかったが、

「代わりに聞こえてきたのが、“女性好き”疑惑です。『女の子にしか興味ないんです』と公言し、吉田明世アナとの添い寝写真を公開したり、(寿退社した)枡田絵理奈アナの自宅に休みのたびに入り浸ったりしていました。学校だけでなくアルバイト先まで一緒だった笹川友里アナとは特に仲が良く、『本命説』まで飛び出す始末。小学校から大学まで女子校で育ち、宝塚の男役的人気を博して愛の告白をされたこともあったそうですよ」(芸能ライター)

 そんな彼女の「カミングアウト」を期待し、応援していた局内の「ファン」は、この電撃婚発表で大いに落胆。業界初の“女性好き”疑惑を隠れ蓑に、熱愛をカモフラージュしてきた「技」に驚きを隠せないという。

 林アナは寿退社を返上し、大先輩の吉川美代子よろしく、きっちりTBSで定年を迎えるつもりだそうだ。落胆したファンたちに反発されなければいいが。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
篠原涼子、「バスト揉まれまくり&舌入れキス」の衝撃映像にアクセス殺到!
5
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体