芸能

「OUR HOUSE」最終回の強引な結末に「芦田愛菜は野島伸司と決別するべき!」の声

20160614ourhouse

 これほどヒドい最終回がかつてあっただろうか。あまりの不人気ぶりに第9話で切り上げになったドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)に視聴者からのクレームが集まっている。

 従来の爆死ドラマでは主演俳優がやり玉に挙げられていたものだが、『OUR HOUSE』では芦田愛菜の演技が評価されるなど、出演者は悪くないともっぱらの評判だ。一方でシリーズ最低視聴率の3.3%に終わった最終回では、視聴者から「脚本家、出てこい!」との罵声すら飛んでいる。テレビ誌のライターはこう語る。

「最終回の脚本は明らかに破たんしていました。夫役の山本耕史が亡妻と瓜二つの従妹とキスし、外国人妻のシャーロット・ケイト・フォックスは異国の地で見捨てられたも同然。それなのに4人兄弟の母親になろうと決心するシーンでは、頭の中に『?』が渦巻きましたね。ハッピーエンドで良かったという声もありますが、客観的に見てシャーロットが幸せな理由が見つからないんですよ」

 あまりの低視聴率に芦田サイドはフジテレビに絶縁状を叩きつけたという話もあるが、本当に叩きつけるべき相手は別にいるのではないか。テレビ誌のライターが続ける。

「芦田はもう、脚本家の野島伸司と決別すべきでしょう。彼女にとって初の連ドラ主演となった『明日、ママがいない』(日本テレビ系)も野島脚本でしたが、内容が養子への差別や偏見を助長するとして養護施設協会からクレームがつくなど評判は散々。スポンサーも降板し、せっかくの連ドラデビューに泥を塗られました。そして今回がこれですから、もはや野島脚本のドラマは鬼門扱いでしょうね」

 内容が批判されつつも「明日、ママがいない」は平均視聴率12.8%と善戦し、さすがは社会派ドラマの野島と言われたもの。だが「OUR HOUSE」ではコメディかシリアスなのかわからないという批判も多く、視聴率も撃沈した。もはや野島の神通力も通用しなくなってきたのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、必死に隠したけど…放送事故級“見えちゃった”大事な部分
2
「豊洲市場を出禁」報道の渡部建、現場の社員から返ってきた意外な答えとは?
3
華原朋美、ますますド迫力のカラダつき…披露した“騎乗”映像の「圧巻」!
4
中川翔子のニットがパンパン!ダイエット成功でもバストはデビュー当時以上?
5
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露