芸能

メイプル超合金・安藤なつの元相方は「恋から」出身の美女キャスターだった!

20160623maplechougoukin

 お笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつが、以前の相方から怖がられていたことが発覚した。これは6月21日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)にて、前コンビ「ぷち観音」の相方だった松原陽子が明かしたもの。松原はぷち観音を解散したきっかけとして、安藤による束縛が激しすぎたと告白。しかし安藤が「尋常じゃないくらい怖かった」ために当時は口に出せなかったという。

 その松原に対してネットでは「こんな可愛い人と組んでたの?」「ニュースキャスターみたい」といった声が続出。現在もサンミュージック所属タレントとしてレポーターなどの仕事をこなす彼女が、安藤とコンビだったことに驚く人も多かったようだ。その松原についてお笑いに詳しいライターはこう語る。

「松原は『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に11期生として出演し、その後は東京シティ競馬中継の女性キャスターユニット『BAッキュン!』でも活躍していました。それゆえ2009年にぷち観音を結成した時には競馬ファンが驚いたものです。ただ本人はもともとお笑い志望で、吉本興業の大阪NSCにも通っていたほど。事務所入りして5年経ったころに、かつての夢が忘れられず、安藤とコンビ結成に至ったというわけです」

 ぷち観音では松原の整ったルックスも安藤の異形ぶりを際立たせるツールとなってしまい、美人芸人として注目されることは少なかった。得意なはずのトークもキャスターっぽさが目立ってしまい、お笑いのテンポには合わないという副作用も。そんな松原について前出のお笑いライターはこう指摘する。

「本人は至って真面目な性格で、ちょっとタガが外れているくらいじゃないと務まらない芸人には向いてなかったようですね。その意味では安藤も、自分よりトンデモキャラのカズレーザーと出会って、メイプル超合金を組めたことはラッキーだったはずです」

 美人と組むより金髪の変人キャラと組んだほうが成功する。現在の安藤からはお笑いの深さを感じずにはいられないことだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性