芸能

妙なリアリィティが…綾野剛主演映画で矢吹春奈が見せた下半身まさぐりシーン

20160626ayano

 6月25日に公開された綾野剛の主演映画「日本で一番悪い奴ら」。同作は日本警察史上最大の不祥事と言われる「稲葉事件」を起こした稲葉圭昭氏の著書「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」を原作としている。綾野演じる警官はこの稲葉氏をモデルとしているのだ。

 男性だけでなく、女性ファンも気になるのが、原作にはない綾野剛とヒロインたちの過激な艶シーンだろう。映画ライターが言う。

「注目はずばり矢吹春奈と綾野のカラミですね。矢吹は最近、完脱ぎ写真集も出しており、吹っ切って体当たり演技に挑んでいる。映画冒頭の綾野と本能のままに貪り合うシーンは熱がこもっていました。映画の後半では薬物中毒になって、綾野の下半身をまさぐるシーンも妙なリアリティがあって目が離せない。また、14年公開の映画『グレイトフル・デッド』で過激シーンを演じた瀧内公美の演技も見物です。瀧内の誘惑に耐え切れず、警察署内で綾野が滝内の制服を乱暴に剥ぎながら、コトに至るシーンは、バストトップこそ出ていませんが迫力があります」

 こうしたシーンに男たちが興味を持つのは無理もないが、まったく別の視点で熱視線を送るのは、稲葉氏を知る捜査関係者だ。

「『北海道警のダーティハリー』との異名を持ったこともある稲葉氏だが、別に俳優みたいな顔つきではないし、綾野にも全然似ていない。だけど、綾野が鬼気迫る演技を見せる際の“一重の目つき”だけは本人を彷彿とさせる。あそこまで熱演できるんだったら、これから任侠系映画からもオファーが来るんじゃないか」

 綾野は本作を「(自分の)代表作にしたい」と語っているが、その才能は任侠映画やVシネでもさらに花開くかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?
5
ジャニとの交際で変わった?有村架純への「文春砲」にファンが安堵したワケ