社会

梅雨時に起きる「気象病」、体調不良の際には鎮痛剤より酔い止めのクスリ!

20160626kisyoubyou

 雨が降ると古傷が痛む、頭痛がする──。梅雨時のこんな症状は「気象病」によるものであることが多い。耳慣れない名前だが、どういうものか。

「気象の変化が体調に影響を与えることで何らかの症状を発症したり、悪化させたりする病気を気象病といいます」(山田クリニック・山田仁人院長)

 特に梅雨時は季節の変わり目で、日ごとの気圧、気温の差が激しい時期だ。体に大きな負担がかかり、ストレスになる。最近では、温暖化が原因とされるゲリラ雷雨などの異常気象が多く、そのような変化も私たちの体に大きな影響を及ぼしている。

 一方、体内では、外部環境に左右されず内部の環境を一定に維持しようとする機能、自律神経が働いているのだが、あまりに外部環境の変化が急激であったり、体調を崩していたりすると、気象の変化に体がついていけず、体調に異常をきたしたり、病気を発症してしまう。つまり、自律神経失調症であり、これが気象病の正体でもある。「やる気が出ない」「手足が冷える」「肩がこる」「身体がだるい」「頭痛」などの症状が表れる。しかし、なかなかこれという治療法がないとされてきた。

 そんな中、この気象病に効果が期待できる薬があるという。中医学を研究している薬剤師の宮島和夫氏が言う。

「鎮痛剤を飲む人は多いですが、あまり効きません。気象病の原因は、内耳が気圧や天気の変化を感じ取り、交感神経が活発化するからで、三半規管を正常に戻してくれる薬がいい。それが酔い止めの薬です。抗ヒスタミン剤が含まれる酔い止め薬には、前庭神経を沈める効果があるので、気象病にも効果があります」

 身近な薬が意外な役に立つのだ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
4
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
5
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?