芸能

松井玲奈の「キス&胸揉みシーン」をファンが冷静に見られた理由とは?

20160627matui

 舞台「新・幕末純情伝」にて、新選組・沖田総司の役で主演を務める松井玲奈が体当たりの演技を見せている。6月23日の初日公演では坂本龍馬役のNON STYLE・石田明と熱いキスを交わし、桂小五郎役の味方良介には胸を鷲掴みされるなど過激なシーンが続出。だが、松井のファンはこれらのシーンを目の当たりにしてもさほどのショックを受けなかったというのだ。その理由をテレビ誌のライターはこう推測する。

「前田敦子がドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)で毎回のようにキスしていたり、永尾まりやがバラエティ番組『ラストキス』(TBS系)でモデルとキスするなど、アイドル出身者のキスシーンはもはや珍しくありません。しかも、松井は来月で25歳ですから、今さらキスシーンを見て騒ぐのも大人げありませんしね。それに対して胸揉みシーンはテレビでもなかなか見られないので、こちらでもファンが悶絶しなかったのはちょっと意外でした」

 たしかに胸揉みシーンは深夜ドラマでもなかなかお目にかかれない代物だ。それを目の前で見せつけられてもファンが平気だったのは不思議だが、アイドル誌のライターはこう謎解きする。

「お相手の味方がイケメン俳優なので、ファンとしてもファンタジーを見ている感覚だったかもしれません。これがNON STYLEの石田だったら妙に現実的すぎて、『玲奈ちゃんの胸、触るんじゃねえよ!』と怒り心頭だった可能性もあります。もっとも松井としては、演技が真に迫っていて、ファンが舞台に没頭したのが理由であってほしいでしょうね」

 7月24日まで全33公演が予定されている同舞台。これから何度も胸を揉まれ続けるうちに、そのシーンから恥じらいが失われることだけはないようにお願いしたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
3
あのコンビが原因?とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは