芸能

ドッキリ失敗!とんねるずの「落とし穴」に感づいた哀川翔の言動に「プロ失格」の声

20160627aikawa

 6月23日に放送されたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の落とし穴ドッキリ企画「全落・水落ドッキリ」に、3月に放送されたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)のドッキリ企画でも注目を浴びた哀川翔が登場した。

「めちゃイケ」ではケーキが爆発し、全身がクリームまみれになるというドッキリにかかり、ナイナイに我を忘れてブチ切れる姿が面白いと話題になったが、今回はやや拍子外れな結果になってしまったようだ。

 哀川はドッキリの舞台となるロケ地に着くなり、木梨憲武に「ダマそうとしてるだろ、俺を」と話しかけ、執拗にドッキリを警戒。

 木梨がそれを否定するも哀川は、「恐怖症になってんだよ、最近! ダマされてばっかりいるから」と一向に信じる気配はなし。さらには、「このパターン、オレ、テレビで見たことある! 落とし穴‥‥」と、完璧に企画を言い当てるまさかの展開に!

 結果、哀川はかなり強引にドッキリにかけられ、本人も心の準備ができていたため一切キレることなく、笑顔で出番を終えた。

 これに番組ファンからは、「わかってても触れちゃダメだろ~。プロ失格でしょ!」「かなりの期待外れだな」「『めちゃイケ』ばりにブチ切れてほしかった」といった不満の声が多く上がった。

「哀川の中でもよほど『めちゃイケ』のドッキリがトラウマだったんでしょう。それでも、今回は哀川が座った椅子が自動的に動き、池に放り出されるというドッキリだったからどうにかなったものの、最悪の場合は企画が潰れていた可能性もありました。制作側も2匹目のドジョウはいなかったと反省していることでしょう」(エンタメ誌記者)

 視聴者は単純にキレる哀川が見たかっただけに批判もしているが、哀川自身はお笑い芸人ではないだけに責められない。こういった企画の盲点が浮かび上がった珍しいケースともいえるだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性