スポーツ

3年連続Bクラスの中日が「落合GM解任」であの大物を招へい?(2)次なるGM候補は星野仙一氏?

20160714t2nd

 11年に監督を勇退した落合GMのあとを受けたのは、高木守道氏だった。

「球団の赤字体質は、中日に関わるあらゆる人が認めるところです。地元では絶大な人気を誇る高木さんでしたが、チームは低迷。さらに観客動員も下げ止まりませんでした」(球団関係者)

 そして13年8月5日、ある大事が起こる。白井オーナーの妻・康子さんが84歳で亡くなったのだ。独り身になったオーナーに接近したのが、落合信子夫人(71)だった。信子夫人は、次期監督選びに悩む白井オーナーの世話をしながら、

「他の人が監督だったらもっとお金がかかります。うちの父ちゃんだったら、お金を使わない」

 と持ちかけたという。白井オーナーは、「監督は無理」と断るが、落合氏からも、

「GMという方法もありますよ。GMで恩返ししたい。私がなれば優勝できる。今の選手は優勝もしていないのに年俸が高すぎる」

 と連絡があり、同年10月、球団初の「GM」に落合氏が就任することとなった。こうして年俸8億円カットが実行され、その“功績”から白井オーナーは、落合GMを中日新聞取締役に就任させ、球団社長就任を考えたほどだ。だが、抜本的な問題解決とはいかなかった。NPB発表によれば、12年セ・リーグ2位だったホームゲーム入場者数は、13年4位、14年4位、15年5位となり、16年交流戦終了時点で5位と、成績同様に浮上のきっかけさえつかめていない。加えて、中日新聞の体力が弱体化している。

「愛知、岐阜、三重では圧倒的なシェアを誇ります。部数を水増しする『押し紙』をやめたことで激減したように見えますが、下がり幅は緩やかです。しかし経費など出費の部分はかなり締めつけています。白井会長がすでに減っている取材経費を『まだ多すぎる!』と叱責したようですから、苦しいことは事実」(中日新聞関係者)

 こうして冒頭の「落合切り」へとつながっていくのだが、そんな中、驚くべき人物の招へい計画が始動しているという。白羽の矢が立ったのは楽天球団副会長の星野仙一氏(69)。前出・球団関係者が明かす。

「星野さんなら球界の人脈もあるし、客を呼べる。以前は反星野派、親星野派で割れていましたが、今はそうした派閥もなく障害はないのです」

 昨年、中日の地元テレビ番組に出演した星野氏は、

「落合を(中日に)呼んだのは俺だ。俺がいちばん悪い」

 と発言。これを中日サイドは、星野氏からの脈ありの「サイン」と読んだという。今オフ、選手ではなく球団首脳部の仰天移籍が起こるかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」