芸能

生野陽子、高島彩、ゴマキ…高橋尚子だけじゃない「意外なパチンコ好き有名人」

20160804syono

 先日発売された「女性自身」でパチンコに興じる姿が掲載され、熱狂的なパチンコ好きであることが判明した元マラソン選手の高橋尚子。

 同誌によれば、高橋は午前中に入店してから閉店までの11時間を台に向かって打ち続け、55回の大当たりを出したという。

 シドニー五輪で金メダルを獲得し国民栄誉賞まで受賞した彼女と、庶民の娯楽であるパチンコの組み合わせには驚かされたが、他にも多くの「意外なパチンコ大好きな有名人」がいる。

「フジテレビの生野陽子アナや、フリーアナウンサーの高島彩、テレビ朝日の大木優紀アナなど、パチンコ好きの女子アナって結構多いんですよ」と明かすのは、自身もパチンコが大好きな芸能記者である。

「女優だと前田敦子と吉高由里子が大のパチンコ好き。以前、パチンコに没頭している姿を激写された後藤真希は相当な腕の持ち主だとの噂です。あと、意外なパチンコファンとしては、先日亡くなった元千代の富士の九重親方も。数年前、渋谷の大型店で頻繁に見かけました。隣で打ったこともありますが、激アツリーチが外れるたびにものすごく悔しそうにされていて親近感を抱きました」

 あの大横綱も大好きだったパチンコ。高橋と同じく、国民栄誉賞を受賞してからも、庶民的な趣味を持ち続けていたのだった。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」