スポーツ

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(8)松田宣浩だから起こった悲劇のエラー

20160810matsuda

 昨シーズンは自己最多の35本塁打、94打点を記録。今シーズンもすでに20本塁打を越えるなど、パ・リーグ首位を走るチームの牽引役を果たしている松田宣浩(現・ソフトバンク)。ホームランを打つたびに「熱男~~!!」ポーズでスタンドを率先的に盛り上げるムードメーカーとしても今やチームに欠かせない存在だが、そんな松田が高校時代、唯一出場した甲子園では、その陽気な性格が涙でくれるほどの屈辱的な結末が待っていた。

 岐阜の名門・中京高校に進学後、主に3番ショートで活躍し、高校通算61本塁打を記録。2年生時の00年夏の選手権には双子の兄とともに出場している。

 その初戦の那覇(沖縄)戦では4打数1安打2三振1四球1盗塁とチームの主力としてはややもの足りない成績に終わったが、彼を待っていた最大の落とし穴は守備だった。1-1の同点のまま突入した延長11回表。2死二塁のピンチの場面で那覇の打者が放った打球は三遊間への深い当たりとなった。ショートの松田はこの打球に素早く追いついたが、焦りからボールを握り損なっていた。次の瞬間、ファーストへ投げたはずの送球は悪送球となり、ジャンプする一塁手の頭上を越えてファールグラウンドを転々。その間に二塁ランナーに勝ち越しのホームインを許してしまったのである。

 だが、これは単なるミスではないことは誰の目にも明らかだった。普通なら外野へ抜ける打球に足の速い松田だからこそ追いつき、プロでも通用した肩の強い松田だったからこそ一塁へ投げられた、ワンランク上のプレーだったのだ。

 しかし、結果的には痛恨のエラー。攻走守すべてにおいてスピード感ある、三拍子揃ったプレーが魅力の松田ならではの“しくじり”が、彼の夏をも終わらせたのである。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!