芸能

天才テリー伊藤対談「高見沢俊彦(THE ALFEE)」(1)100万のギターが3000万に!

20160818_25v-2

●ゲスト:高見沢俊彦(たかみざわ・としひこ) 1954年、埼玉県生まれ。73年、明治学院大学キャンパスにて出会い、グループを結成。翌74年、「夏しぐれ」でデビュー。83年、「メリーアン」が大ヒット。「メリーアン」以降、2016年5月にリリースのTHE ALFEE65枚目の最新シングル「今日のつづきが未来になる」でチャート紙ランキング50作連続ベスト10入りを果たしている。バンドのリーダーであり、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当、また他アーティストへの楽曲提供も数多く手がける。91年よりソロ活動もスタート。TBSラジオ「高見沢俊彦のロックばん」ではパーソナリティとしても活躍中。8月17日から3日間、ビルボードライブ東京にて高見沢俊彦ソロライブ「真夏の夜の夢:Takamiy 3Days」、10月6日よりライブツアー「THE ALFEE Best Hit Alfee2016秋フェス」が開催。

 人気グループTHE ALFEEのメンバーとして、またソロアーティストとしても活躍中のミュージシャン・高見沢俊彦。バラエティ番組などでそのキャラクターはお茶の間にすっかり浸透。王子様ルックスから飛び出す意外な言葉の数々に、天才テリーの顔もほころんだ!

テリー おっ、今日もばっちりキマッてますね!

高見沢 あっ、ありがとうございます(笑)。

テリー 僕も高見沢さんを意識して、派手なアロハを着て来ました(笑)。そういう衣装は、どのくらい持ってるんですか?

高見沢 何着あるかはわからないですけど、メンバー3人分の衣装が置いてある衣装倉庫がありましてね。僕らは3人なんで、何でも3倍なんですよ(笑)。

テリー でも、そういう服が似合うんだから、さすがだよね。

高見沢 いえいえ、たまには鏡を見て「お前はいつまでこの髪形、この格好をしてるんだ?」って自分に問うこともあるんですよ。

テリー え、そんなこと考えるの?

高見沢 50代までは、どこかで髪を切って大人っぽい方向へ路線変更をしようか、なんて思っていました。でも今は、まあ行けるところまで行っちゃおう、と。

テリー うん、ロックミュージシャンは、やっぱり来年も着れるような服を着ちゃダメだよね。エルビス・プレスリーやマイケル・ジャクソンなんて、まさにそうでしょう?

高見沢 あ、その感覚、すごくわかります。僕も洋服屋さんへ行くと、「こんなの、誰が着るんだろう?」って思うようなデザインのものを買ったりしますからね(笑)。

テリー 高見沢さんは服だけじゃなくて、ギターも多いでしょう?

高見沢 どんどん増えてしまって、今530本です。バカでしょう?(笑)。

テリー 530!? そんなに持ってどうするの?

高見沢 やっぱりギターは1本1本違いますから、新しいものは欲しくなるんですよね。あと、楽器屋さんから「新しいのが入りましたので、買わなくてもいいからぜひ弾きに来てください」ってメールが届くんですよ。

テリー まさに悪魔のささやきだ(笑)。

高見沢 で、行って弾いてみると「おっ、いいじゃん!」とあっさり買い取っちゃうもので(笑)。

テリー きっと、弾かれていないギターたちが寂しがってますよ?

高見沢 ええ、寝る前というか、眠り落ちる寸前に昔つきあった女性みたいに思い出したりしますよ。「あいつ、弾いてないけど元気かなぁ」って(笑)。

テリー あと、高見沢さんオリジナル製のギターも持ってるんでしょう?

高見沢 ええ。エンジェルギターや、ウルトラマンのギターとか。あと、ネックが4本のギターも作ったんですけど、それは完全に失敗作でした(笑)。

テリー そりゃまた何で?

高見沢 重すぎて持てないんですよ(苦笑)。スタンドマイクみたいに、下につっかえ棒を置かないと弾けなくて。

テリー いいなぁ、そういうバカバカしさもロックっぽくて最高じゃないですか。ちなみに、所有しているギターの中で、特別高価な物もあるんですか?

高見沢 ええ、80年代に100万で買ったビンテージもので、今、価値が上がって3000万もするのがありますよ。

テリー すごい! それ、10本くらい買っていれば大儲けだったのに。

高見沢 ハハハ、当時の100万でも、けっこう思い切って買ったんですけど(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス