芸能

2016年夏場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(4)ファンキー加藤があの女性スキャンダルの時期に出した曲が「ブラザー」って

20160818_25z4th

 今回は両刀の噂のある人の話が今までいっぱい出てるけど、全部カットかな(笑)。しかし、両刀と言われる性癖、実はみんなが思うほど、ノンケな人との差はないんじゃないかなとも思うんだけど。

 差? あるんじゃない? 入れる、入れないは大問題だよ。

 博士のスイッチが入った(笑)。

 そりゃ、大問題でしょう。豪ちゃんが俺のことを長年、愛好者だと疑っているのよ。「でも、俺は違うよ、入れても、入れられてもないから!」っていうのは常に言ってるもん。

 梅宮辰夫さんとか、千人斬り達成みたいな人が、「ヤッてみたけど、女のほうがいいな」っていう、それがいちばん潜在的愛好者を否定することになるんじゃないですかね。

 そうだなぁ。ハッピーな話題、ねえのかよ。あった、ファンキー加藤(笑)。アンタッチャブルの柴田に会ったわけよ、鎌倉・由比ガ浜の海の家でやった「スナック玉ちゃん」で。客席にいるんだよ、柴田が。イベント終わったら、「おはようございます!」って挨拶に来て、普通なの。何にもダメージがない。

 全然平気なんだよな。

 アンタッチャブルの柴田が結婚したのって、「BUBKA」の記事がきっかけですよね。妊娠した女と柴田が子供を堕ろす堕ろさないでもめて、それをその女性が「BUBKA」に告発。で、結婚へと追い込んでいったんですよ。

 なるほど。

 本来、結婚するつもりも全然ない相手と結婚しちゃってるのが、まずベースにあって。

 わりとお盛んな女性ではあるんでしょ?

 ですね。

 でも、ファンキー加藤も始球式だとか、あの時期、ちゃんとやってたよねえ。

 いや、いいパブだったんだよ、映画もあって。

 話題になるはずもない映画が話題になって。

 その時期に出た曲が「ブラザー」っていう。

 よくできてるよね。

 それよりメンバーとの折り合いのほうが、「やっぱりそうだったんだ」っていう。

 解散になったのも納得する感じで。

 そう。不倫よりそっちのほうが俺、嫌なんだけど。

 玉袋とラジオで対談したよね?

 彼はプロレス好きでね。

 プロレス好きの方向もインタビューとか読んでも毎回モヤモヤしてました。僕らと一切、話が合わない全然違うタイプという。

 違うんだよ。それで20分、試合を成立させた俺の身になってくれって(笑)。

 ラジオ聴いてドキドキしてましたよ。

 何か「今日は玉さんに挑むつもりで来ました」みたいな感じで登場してさ。

 違うんだよねえ。SWSの神戸大会(鈴木みのる×アポロ菅原、北尾光司×ジョン・テンタ)みたいだったもんな、あれ。

 彼は「平成新日本」が好きなんですよね。

 そう、新しいプロレスファンだなぁと思ったよ。

 元NHKアナ・堀潤さんが離婚、DVと浮気が原因との報道。「真木蔵人暴行で逮捕」のニュースをきっかけにDVの話を堀潤さんに聞く、というのを生放送で仕掛けたら、堀さんのほうが喜んでくれて、「それを反論したかったんだけど、反論できる場がなかったから、ありがとう!」って。奥さん側が勝手にいろいろリークして本当に困ってるという話で。放送後に「堀潤さん、女性問題はあってもDVはしない人だと僕は思ってるんですよ」と言ったら大きくうなずいて。あぁ、DVはなくても、女性問題はあるんだと思った(笑)。

 ハハハ。堀潤はモテるよね。カッコイイし。

<座談会参加者>

宇:宇多丸(RHYMESTER) 吉:吉田豪 水:水道橋博士(浅草キッド) 玉:玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス