事件

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(1)「安楽死を変えるために革命」

20160818_25cc

 相模原市の障害者福祉施設で起きた戦後最凶の刺殺事件。元職員の植松聖容疑者が逮捕されて幕引きと思われたが、驚愕の情報を入手! 植松容疑者は危険なグループに所属し、「黒幕」が神奈川県内で「第2の大量殺人」を計画しているというのだ。犯行を持ちかけられた告発者の証言を、独占スクープで届ける──。

「相模原で起きた事件を知った時、初めは同姓同名の人物が捕まったんだ、という印象でした。犯人が送検された映像をニュースで見ると、車内で不気味な笑顔を浮かべている男が自分の肩をかみちぎったあとに見せた時と同じ顔だと気づき本当に計画を実行したのかと、吐き気さえしました」

 こう振り返るのは、20代の男性Aさんである。

 7月26日未明に神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人を刺殺した元職員の植松聖容疑者(26)と、Aさんは面識があったという。

 7月に4回都内で顔を合わせ、その際、植松容疑者に持ちかけられた計画は、驚愕の犯行内容だった。

 告発者の証言を聞いたところ、計画には相模原の事件だけではなく、8月に「続き」が予定されていることを知った。編集部では取材と熟慮の結果、いたずらに不安をあおるためではなく、未然に計画を防ぐ一助になればと思い、掲載する判断を下した──。

 Aさんと植松容疑者が知り合うきっかけは、今年の6月下旬のことだった。

「仕事の営業先で、Xという男と知り合いました。親しみやすい雰囲気で、雑談が盛り上がり、携帯番号を交換するくらい仲よくなったのです」(「」の告発は以下Aさん)

 AさんはXに紹介したい人物がいると言われ、7月4日、六本木ヒルズの敷地内で待ち合わせ。そこにXと現れたのが、植松容疑者であった。

「植松はにこやかな表情を見せず、ニラみつけるような感じで威圧的。開襟シャツの首元からは入れ墨が見えていました。自己紹介では、『私が植松です。安楽死を変えるために革命の活動をしています』と言いました。仕事を聞くと、『無職で革命活動でお金をもらっている』と。それで私にもグループに入るように勧誘してきて、活動資金のために100万円を払うように求めてきたのです」

 続いて植松容疑者は、Xをリーダーとするグループ「安楽死を変える革命家Shudan」に所属していると告げた。メンバーは20代前半の男女12名で、イスラム過激派を名乗る人物もいるという話だった。

「グループの目的は、安楽死を変える革命のためにやっているそうです。『フリーメイソンも裏で悪いことをしても、国を牛耳っている。俺たちも悪いことはするけど、世界の平和のためにやっているので同じだ』と植松は話していました」

 植松容疑者は外出時に落合尚之氏の漫画「罪と罰」(双葉社)全10巻と、アドルフ・ヒトラーの「わが闘争」(角川文庫)を持ち歩き、「俺の教科書みたいな、バイブルだから」と説明。読むように勧めてきた。

 また、世界で起きる事件を予言するとされる「イルミナティカード」を見せ、

「フリーメイソンを受験するんだ」

 と語っていたという。とっさに「危ないな」と思ったAさんが断ると、Xの口調がガラリと変わった。

「『お前の住所を知ってんだぞ!』と脅してきて、正確に私の住所を口にしました。今考えると、初めて仕事先で会った時、資料に私の住所を書いていたんです。それをXがメモして覚えられてしまったのでしょう」

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”