事件

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(1)「安楽死を変えるために革命」

20160818_25cc

 相模原市の障害者福祉施設で起きた戦後最凶の刺殺事件。元職員の植松聖容疑者が逮捕されて幕引きと思われたが、驚愕の情報を入手! 植松容疑者は危険なグループに所属し、「黒幕」が神奈川県内で「第2の大量殺人」を計画しているというのだ。犯行を持ちかけられた告発者の証言を、独占スクープで届ける──。

「相模原で起きた事件を知った時、初めは同姓同名の人物が捕まったんだ、という印象でした。犯人が送検された映像をニュースで見ると、車内で不気味な笑顔を浮かべている男が自分の肩をかみちぎったあとに見せた時と同じ顔だと気づき本当に計画を実行したのかと、吐き気さえしました」

 こう振り返るのは、20代の男性Aさんである。

 7月26日未明に神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人を刺殺した元職員の植松聖容疑者(26)と、Aさんは面識があったという。

 7月に4回都内で顔を合わせ、その際、植松容疑者に持ちかけられた計画は、驚愕の犯行内容だった。

 告発者の証言を聞いたところ、計画には相模原の事件だけではなく、8月に「続き」が予定されていることを知った。編集部では取材と熟慮の結果、いたずらに不安をあおるためではなく、未然に計画を防ぐ一助になればと思い、掲載する判断を下した──。

 Aさんと植松容疑者が知り合うきっかけは、今年の6月下旬のことだった。

「仕事の営業先で、Xという男と知り合いました。親しみやすい雰囲気で、雑談が盛り上がり、携帯番号を交換するくらい仲よくなったのです」(「」の告発は以下Aさん)

 AさんはXに紹介したい人物がいると言われ、7月4日、六本木ヒルズの敷地内で待ち合わせ。そこにXと現れたのが、植松容疑者であった。

「植松はにこやかな表情を見せず、ニラみつけるような感じで威圧的。開襟シャツの首元からは入れ墨が見えていました。自己紹介では、『私が植松です。安楽死を変えるために革命の活動をしています』と言いました。仕事を聞くと、『無職で革命活動でお金をもらっている』と。それで私にもグループに入るように勧誘してきて、活動資金のために100万円を払うように求めてきたのです」

 続いて植松容疑者は、Xをリーダーとするグループ「安楽死を変える革命家Shudan」に所属していると告げた。メンバーは20代前半の男女12名で、イスラム過激派を名乗る人物もいるという話だった。

「グループの目的は、安楽死を変える革命のためにやっているそうです。『フリーメイソンも裏で悪いことをしても、国を牛耳っている。俺たちも悪いことはするけど、世界の平和のためにやっているので同じだ』と植松は話していました」

 植松容疑者は外出時に落合尚之氏の漫画「罪と罰」(双葉社)全10巻と、アドルフ・ヒトラーの「わが闘争」(角川文庫)を持ち歩き、「俺の教科書みたいな、バイブルだから」と説明。読むように勧めてきた。

 また、世界で起きる事件を予言するとされる「イルミナティカード」を見せ、

「フリーメイソンを受験するんだ」

 と語っていたという。とっさに「危ないな」と思ったAさんが断ると、Xの口調がガラリと変わった。

「『お前の住所を知ってんだぞ!』と脅してきて、正確に私の住所を口にしました。今考えると、初めて仕事先で会った時、資料に私の住所を書いていたんです。それをXがメモして覚えられてしまったのでしょう」

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス