芸能

芸能界「見せたがり美女」を総チェック!(2)ドラマ「ドクターX」で魅せる米倉涼子

20160908d

 ドラマ撮影現場では、暑さから無防備になった女優の姿も見受けられる。「はだけた白いシャツ」「汗で濡れた胸元」が大絶賛されているのは、「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)主演の武井咲(22)だ。

「暑さには相当弱いようで、休憩中はお茶をガブ飲み。使用後の紙コップにはかみ終えたガムが雑に数個吐き捨てられているほど無防備で、男性スタッフの視線も気にせず、『あっついわ~』と、片手で髪をかき上げ、もう片方で胸元まで開けたシャツの襟をパタパタさせていた。汗でキャミソールが浮かび上がっていたのも気づいていないようでした」(TBS社員)

 秋ドラマでは医療モノが3本も放映されるとあって、すでに「エロ女医の艶勝負」の幕が切って落とされているようだ。

「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(フジテレビ系)では「あんな女医にどなられたい」と、吉田羊(年齢非公表)からの“お仕置き希望者”があとを絶たないという。

「楽屋は女医だらけの“コスプレキャバクラ”状態で、吉田さんも『一度は着てみたかった。着るならナースの役だと思っていたからうれしい』と大はしゃぎ。それが撮影本番では一変する。冷たくつり上がった瞳、ツンとした鼻筋で、カメラを見つめる姿はドS女医そのものです。そのギャップにやられます。さらには、共演の相武紗季(31)も新妻になったばかりなのに、すでに人妻の色気が体に出てきている。だって、白衣がおっぱいの形状でこんもり盛り上がり、飛び出しているように見えるんです。胸が大きくなったばかりか、肉づきも丸みを帯びて、急速に女性らしい体つきになりましたね」(撮影スタッフ)

 同じく新婚ホヤホヤの北川景子(30)は「ヒポクラテスの誓い」(WOWOW)で、女優魂に火がついた。なんと、スタッフのセクハラにも気づかないほど燃え上がっているという。

「北川は学生時代、医者に憧れていました。だから現場でも、難しい医学用語を記した手書きのメモを持っては合間合間に覚えるほどです。用語の使い方や、立ち位置などについても、監督と相談しながら熱心に演じています。それほど入れ込むあまり、他に意識が回らないようなんです(笑)。実は白衣からほんのりと、汗とバラの香水が合わさった香りが漂うんですが、それをかぎたさに一部のスタッフが近くを何度も通り過ぎているのに、まったく気づいていないんです」(ドラマ制作関係者)

「ドクターX」(テレビ朝日系)は、7月3日の特番で主演・米倉涼子(41)の露出が大幅に減り、視聴者から苦情が届くほどだった。結果、今秋のシリーズ第4弾ではミニスカートが“再解禁”されるというのだ。

「これまで、ミニスカの膝上の丈が10センチ、15センチ、と5センチずつ“記録更新”してきたおかげで、今作はパンチラ必至となっていました」

 と、同局スタッフは困り顔で話すが、ほかならぬ米倉は、

「私で元気になってくれるなら」

 と“パンツまる見えもドンと来い”状態。とはいえ、それではパンチラを省く編集作業が大変だということで、衣装合わせの段階でミニスカの過激化を抑え、露出ポイントを変更することになった。

「シャツなどのVゾーンを限界まで開いて胸の谷間が見えるか見えないか、というチラリズムで勝負する予定です。そして、もう1カ所が背中。まさに『まる見え』な衣装を用意しています」(前出・テレビ朝日スタッフ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
2
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
3
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?
4
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
5
ザ・ドリフターズ 仲本工事が明かす「全員集合」裏話(1)長かったいかりや長介の説教