芸能

美しい胸を持つ女優たちの禁断未公開ショット!(3)清純なイメージの黒木華が10月公開映画で…

20160915h

 一方、映画で新境地を切り開いたのが女優の黒木華(26)。10月14日公開の「永い言い訳」(アスミック・エース)で見せた初濡れ場を最速キャッチした。

 物語は、売れっ子作家の本木雅弘(50)が20年連れ添った妻(深津絵里)をバス事故で亡くす場面から始まる。事故当夜、妻を送り出した直後に夫婦のベッドに招き入れるのが担当編集者の黒木だ。いきなりベッドの中で抱き合う2人。正常位の姿勢で上から覆いかぶさった本木が力任せに腰を振ると、「ハァハァー」と黒木がくぐもったアエギ声を漏らす。淫らで激しいセックスから、2人が愛人関係であることがわかる。

 妻の葬儀が済み一段落したところで、黒木が本木の家を訪ねると、妻の不幸のあった晩に不貞を働いた共犯者2人は、たまらず再び体を重ね合う。

 強引にソファに押し倒された黒木は、あおむけのまま脚を広げて本木を正常位で受け入れる。スカートをまくり上げられ、生脚に脱ぎかけのパンティを絡みつかせた黒木の誘いに、本木はパンパンと音を立てて激しく腰を打ちつけるのだ。映画評論家の秋本鉄次氏がこの初濡れ場を歓迎する。

「これまでは『小さいおうち』(松竹)など、かっぽう着の似合う清純な役のイメージが付いていましたが、みごとな体当たり演技です。服を着たままの濡れ場ではありましたが、服の上からでも有り余るほど隆起した横乳が見てとれました。着痩せするが、隠れ巨乳タイプと見ました」

 最後は、久々に四十路エロスを見せてくれた常盤貴子(44)だ。9月10日公開の「だれかの木琴」(キノフィルムズ)は、常盤演じる普通の主婦が、どこか満たされない気持ちを若い美容師へのストーカー行為で晴らしていく官能サスペンス。

 8月20日の「めざましどようび」(フジテレビ系)では、夫役の勝村政信(53)との濡れ場が生放送で紹介された。

 ベッドの上に寝転がった常盤の胸当てエプロンを夫がまくり上げる。ニット服をこんもりと隆起させたオッパイが、グニャッと変形するほどワシづかみにされるのだ。

「実はこの“胸モミシーン”は何度も撮り直しされたものの一つで、未公開シーンとなっています。実際に本編でお披露目されたのは、胸をなでる程度のソフトなバージョン。妄想の中という設定ですが、夫と若い男との3Pシーンにも挑んで、四十路になっても衰えない肉感ボディを見せつけています」(映画関係者)

 常盤のハードな官能映像がお蔵入りとはもったいないが、性欲深まる秋のホンバンはまだまだこれから。完熟エロスに期待しよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?