芸能

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(1)「鬼龍院花子の生涯」脚本家・高田宏治インタビュー

20160915l

「なめたらいかんぜよ!」は、流行語にもなった夏目雅子の名セリフ。脚本家・高田宏冶氏にとっても渾身の一筆だったが、その誕生には、思いもよらない「交代劇」が待ち受けていた。

──半世紀以上、シナリオを描き続けている高田氏にとっても「鬼龍院花子の生涯」(82年、東映)は特別な作品だったと思います。

高田 最初は大竹しのぶに鬼政(仲代達矢)の養女・松恵役をオファーしていた。ところが大竹は、東映の京都撮影所を怖がっていたし、当時の五社英雄監督の評判が悪かったこともあって、一向にOKを出さない。それで夏目雅子に話がいったということ。

──脚本家としては、その交代はどうでした?

高田 実は僕もピンチヒッターなんや。最初はベテランの野上龍雄さんに五社さんが頼んでいたけど、宮尾登美子の原作を読んで「気乗りがしない」と。僕は逆に土佐弁の魅力もあり、おもしろいなと思ったよ。

──当時は清純派だった夏目雅子が、養父に抱かれる場面もある役を快諾したんでしょうか?

高田 それどころか五社さんのところに行って、台本を尻に敷いて「絶対、私にやらせてくれないとここを動きません!」と迫ったそうや。まあ、五社さんの言うてることやけど(笑)。

──決めセリフの「なめたらいかんぜよ!」が大変な評判になり、夏目雅子の評価も急上昇しました。

高田 最後に鬼政に向かって「お父ちゃん、好きや」と言うシーンは、スタッフやカメラマンが泣いて撮影にならなかったくらい。その美しさは大竹しのぶじゃ成立してなかったやろな。五社さんは「大竹がなんぼのものじゃい!」の一念で撮ったらしいし。

──代役が功を奏したケースですね。さて、実録ヤクザ映画でも高田脚本の名作は多いですが、いわくつきなのは「北陸代理戦争」(77年、東映)でしょうか。

高田 松方弘樹が演じた主役のモデルが、公開直後に劇中と同じ喫茶店で射殺されてなあ。そもそも、これは「新仁義なき戦い」の4作目として予定されたけど、菅原文太が「もう『仁義』はいいよ」と。それで松方に代わった。

──さらにクランクイン直後、渡瀬恒彦がジープ転倒で生死のふちをさまよう大事故もありました。

高田 それで伊吹吾郎に交代。不思議な運命の映画やったね。

──再び宮尾登美子原作に戻りますが、女の戦いを打ち出した映画が多いゆえに、キャスティングの難航は多そうですね。

高田 池上季実子が評判になった「陽暉楼」(83年、映)も、僕と日下部五朗プロデューサーは秋吉久美子に交渉していた。ところが、いろいろ注文をつけるので、こっちがシビレを切らして「やめようや」と。それから「藏」(95年、東映)も、烈という少女の役が宮沢りえから一色紗英に代わった。

──すでにキャストの発表もあっただけに、宮沢りえの降板は騒動になりました。

高田 本来は2番手だった義理の母役の浅野ゆう子が、トップじゃないとイヤだと言い出した。そうなると宮沢サイドが「話が違う」と怒るのはしゃあないな。

──会見で浅野は「順列はあいうえお順かと思った」ととぼけていましたが、女優ならではのしたたかな物言いですね。

高田 残念だったのは米倉涼子が「茶々 天涯の貴妃」(07年、東映)の主演を降りて、宝塚出身の和央ようかに代わったこと。米倉はドラマの役柄同様、より悪女を演じたかったようで、そこが一致しなかった。

──降りるほうも、代わりに演じるほうも、役者とはプライドの火花を散らすことがよくわかります。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!