芸能

「ゲスの極み乙女。」活動自粛でファンが川谷絵音信者とアンチに真っ二つ

20161005kawatani

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」のリーダー川谷絵音が、未成年の女性タレントと飲酒していた件が発端となり、ファンの分裂を招いているようだ。この飲酒行為を問題視した所属事務所では、発表済みのツアーのみを例外として活動の自粛を発表。また所属レーベルでは12月7日にリリース予定だったサードアルバムの発売中止を発表した。この措置について音楽ライターが解説する。

「ファンからは、活動自粛はしょうがないけどアルバムは発売してほしかったという声も出ています。なかには『発売中止なんて過剰対応だ』とか、『今回の件も数年後には過去の笑い話になる』と語る川谷ファンもいるほど。世間離れした意見であることは明らかで、ミュージシャンのファンにありがちな“信者”ぶりを露呈している形ですね」

 こんな呆れた川谷信者がいる一方で、ゲス極ファンのなかには川谷を痛烈に批判している人たちもいるという。その理由を前出の音楽ライターが耳打ちする。

「川谷ばかりが目立つゲス極ですが、美人ドラマーのほな・いこかをはじめ、他のメンバーにも熱狂的なファンがついています。それらのファンから『いこか様をプライベートな件に巻き込むな!』といった川谷批判が巻き起こっているのです。なにしろベッキーとの不貞という前科もありますし、これを機にメンバー脱退の噂も再燃していますね」

 仮に川谷以外の3人が独立して「新・ゲスの極み乙女。」を結成したら、かなりのファンが追随しそう勢いだ。今回ばかりはファンのほうも「ほな、いこか~」と脱退してくれることを期待しているのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
2
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声
3
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
4
降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは