芸能

人気女優が10代で魅せた「妖精濡れ場」(2)浅野温子がデビュー当時は…

20161013n

 一方、10代のデビューから脱ぎまくっていたのが浅野温子(55)だ。

 まずは、若松孝二監督の「聖母観音大菩薩」(ATC)で魅せた一糸まとわぬシーンからお届けしよう。まだあどけない表情の浅野は女子中学生役ながら、暴漢に襲われて死ぬことを決意。海辺の小屋の中で、神社のアルバイトで着ていた巫女衣装を脱いでスッポンポンになると、「抱いて」と同級生に懇願する。バスト全開の濡れ場では、

「もっと激しく、忘れさせて」

 などと叫びながら激しいシーンを繰り広げるのだ。

 このあと80年代に入り、「スローなブギにしてくれ」(81年、角川)、「陽暉楼」(83年、東映)、「薄化粧」(85年、松竹)と、トップ女優としてメジャー作品への出演が続いた浅野だが、脱ぎっぷりのよさは変わらなかった。

 それでも、70年代の浅野を推すのは映画ライターの松井修氏だ。「聖母──」の翌年に公開された「高校大パニック」(にっかつ)で、浅野の役は立てこもり犯の人質となった女子高生。浅野のトレードマークのワンレンヘアはいっそう艶やかに輝いて見えた。

「撮影時に実際に高校生くらいの年齢だったというのが、何ともそそる作品です。映画では片方の乳房が映るだけですが、制服の似合う美少女のチラリズムヌードに、10代ならではの汚れない肉体と純真さがあふれています」(前出・松井氏)

 同じく70年代に脱ぎまくっていたのが原田美枝子(57)だ。デビュー作「恋は緑の風の中」(74年、東宝)ではネグリジェ姿でその巨乳ぶりを見せつけ、長谷川和彦監督のデビュー作「青春の殺人者」(ATG)では親殺しの罪を犯した恋人・水谷豊を裸で癒やすのだ。

「大きく前に突き出た美しい巨乳の持ち主で、ヌード出演作は多いが、この映画でもみずからスパッと全裸で現れ、共演の水谷豊に見せつける場面があります。日本人らしからぬ堂々とした脱ぎっぷりで、迫力満点のオッパイは10代ならではの補正不要の張りのよさでした」(前出・松井氏)

 アイドル全盛期の80年代になると完脱ぎする女優が減少するが、それでも脱ぎまくっていたのが工藤夕貴(45)。相米慎二監督の「台風クラブ」(85年、東宝)でオナニーシーンを熱演したばかりか、「本場ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇」(87年)ではセミヌード、アメリカ映画「ミステリー・トレイン」でみごとな完脱ぎを果たす。エルビス・プレスリーの聖地・メンフィスの安ホテルの一室で恋人とアツいメイクラブを繰り広げたのだ。

「ベッドシーンでは、小ぶりながらもビクッと屹立した乳首が印象的です。若さゆえの躍動感を感じます。また、乳首を吸われている時に、感じながら髪を振り乱すしぐさは10代とは思えない。見た目は二の次で、快楽優先とも取れる女の業が体中からにじみ出ています」(織田氏)

 10代ならではの性の盛りがかいま見えるようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日