エンタメ

「ジョジョ」実写化でファンが一番心配なのは三池監督との“ミスマッチ”!?

20161007jojo

 9月28日、大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」が実写映画化されると発表されて以降、原作ファンの間では激しい議論が沸き起こっている。「キャラクターのイメージとキャストが合わない」「スペインで撮影するなんてありえない」などの意見が目立ち、大爆死は確定で、中には「今からでも実写映画化を取りやめてほしい」という声も上がっている。

 そんななか、「一番の問題点は三池崇史監督にある」というネット上の意見に多くのファンが同意しているという。

「三池監督は同じ漫画原作で惨敗した『テラフォーマーズ』の監督を務めました。とはいえ、監督としての能力が疑われているわけではなく、三池監督と『ジョジョ』がミスマッチであることが心配されています」(漫画誌ライター)

 三池監督がこれまで描いてきた主人公は、決してヒーロー然としたものではなく、等身大で時には人間の卑屈な面をむき出しにする人物。対して、「ジョジョ」の主人公は第1部のジョナサン・ジョースター、第2部のジョセフ・ジョースター、第3部の空条承太郎、そして映画化される第4部の東方仗助と、全て気高い血筋を受け継ぎ、誇り高い生き方を貫く者ばかり。

「ジョジョの第1部には、ジョナサンが『ぼくは本当の紳士をめざしているからだ!』と女の子を助けるために大勢に立ち向かうシーンがあります。このキャラクター付けがジョジョらしさであり、作品の最大の魅力。ところが、監督は正反対の人物ばかり描いてきたので、ファンは不安でしかたがないようです」(前出・漫画誌ライター)

 仗助はリーゼントで改造制服を身にまとう“ヤンキーっぽい”人物だが、実際は誇り高い精神と魂を受け継ぐキャラクター。三池監督お得意の下衆なヤンキーとして描かれないよう、ファンは祈るような気持ちのようだ。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚