芸能

山崎賢人は疫病神だった?「デスノート」松山ケンイチ登場を原作ファンが大喜び

20161013yamazaki

 10月29日公開の映画「デスノート Light up the NEW world」において、松山ケンイチが8年ぶりに「L」の役を務めることが明らかになった。この配役が10月7日に発表されると、ファンからは歓迎の声が続出。その理由を映画ライターがこう語る。

「ほとんどの『デスノート』ファンが、テレビドラマ版で“L”を演じた山崎賢人ではなかったことを喜んでいるんですよ。その証拠に、ドラマ版で主役の夜神月(ライト)を演じた窪田正孝が映画版のキャストに名を連ねていないことを残念がる声は多いのに、今回の発表では山崎のほうが良かったという声はほぼ皆無ですからね」

 山崎といえばイケメン俳優の筆頭格として高い人気を誇る一方で、「棒演技」と評される演技力のなさでも知られている。ドラマ版「デスノート」(日本テレビ系)では窪田の演技が達者すぎるためか、終盤では山崎の出番が減らされたとの噂もあったほど。しかも今後の展開しだいでは、さらに「山崎不在」を喜ぶ声が高まりそうだという。前出の映画ライターが続ける。

「今回の映画版は、ライトが死んでから10年後の世界を舞台にしていますが、予告編ムービーには『夜神月は生きている』というセリフが出てきます。そのため、ライト=窪田が出演するのではという期待が高まっているんですね。これで本当に窪田が出演するのであれば、L役の山崎だけ降板させられた形になります。それは映画ファンにとっては願い通りの配役と言えるでしょう」

 若い女性ファンからは高い支持を受けている山崎だが、「デスノート」に関してはどうやら疫病神という扱いになっているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
2
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
3
夏目三久 激怒報道から5年「有吉弘行との結婚」仰天内幕(3)夏目のあの騒動を有吉が笑いにしたことで…
4
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
5
お嬢様アナ奔放下半身(1)TBS田村真子“パックリ大開脚”にパパも仰天?