芸能

村上春樹「ノーベル文学賞落選」でおぎやはぎが“ハルキスト”を糾弾

20161017ogiyahagi

 10月13日、ノーベル文学賞に歌手のボブ・ディランが選ばれたことが発表された。毎年有力候補として名前が挙がるも受賞を逃してきた日本の作家、村上春樹は、今年も選ばれることはなかった。

 近隣のアジア圏で「どうして日本人は毎年受賞者が出るのか」とへそを噛む意見が出ることと、村上春樹の名前が候補として挙がることがもはや風物詩であるように、村上春樹の熱烈なファン、通称“ハルキスト”が集まって受賞の連絡を待ち、みんなで落胆する光景も風物詩と言えよう。そしてそのハルキストへの視線が、今年は例年以上に冷ややかだったのだ。

「純粋に春樹ファンの集まりなのでしょうが、毎年恒例行事のように取り上げられると、興味のない者には『自分はハルキストである』と誇示する集団のように見えるようです。ハルキストのニュースに対して、ネット上では『気持ち悪い集団』『村上春樹が好きっていう自分が好きな人たち』『仲間で一緒に盛り上がりたいだけ』など、批判的な意見が多数見受けられます」(芸能ライター)

 ハルキストに対しては、芸能人からも疑問の声があがっている。

「お笑いコンビのおぎやはぎが、13日深夜のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』でハルキストに対して、『本人が恥ずかしくてしょうがないよ』『(村上春樹が)大好きなのに、その人が嫌がることするのかな』『プレッシャー与えたらかわいそうじゃん』と批判していました。村上春樹本人がハルキストの過剰な盛り上がりをどう思っているのかはわかりませんが、ファンでない多くの人たちから白い目で見られていることは知っておいてもいいと思いますよ」(週刊誌記者)

 来年こそは、ハルキストたちの歓喜の涙が見られるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ