事件

関東連合元リーダーが明かす「私が接触した“酒鬼薔薇聖斗”の正体」(1)自分に同じことができるか?

20161103r1st

 関東連合元リーダーが、本名「柴田大輔」で著した「酒鬼薔薇聖斗と関東連合」が刊行された。神戸事件当時、房内の柴田氏は同じ非行少年の事件に興味を覚え、記事を読み漁る。そして手記「絶歌」発売をきっかけに接触に成功。2人の「元少年A」対峙の果てに浮かび上がった猟奇犯の正体を、柴田氏が緊急寄稿する。

 1997年6月28日、神戸連続児童殺傷事件の犯人・酒鬼薔薇聖斗が逮捕される。当時私は、対立グループとの抗争事件で逮捕され、凶器準備集合罪と傷害致死の罪に問われていた。14歳の猟奇犯逮捕は、ちょうど鑑別所に収容される少し前の時期だった。

 酒鬼薔薇による事件を振り返ろう。

 97年2月10日、神戸市須磨区の路上で小学生の女児2人をゴム製のハンマーで殴り、1人に重傷を負わせる。3月16日には同区公園で、10歳の山下彩花さんを八角げんのうで殴り、脳挫傷で死亡させる。直後には、小学生女児を小刀で刺傷させた。5月24日に小学校5年生の土師淳さんを、近隣の「タンク山」に誘い出し絞殺。翌日に首を切断し、25日には口内に手紙を入れ、市立友が丘中学校の校門の上に置いた。

 事件を知った、18歳の私の感想は実に稚拙で、

「14歳の時には非行少年だったが、自分に同じ事ができただろうか? 今ならできるだろうか?」

 というものだった。いくら自問を重ねても、答えは「ノー」。こうして興味を持った私は、いつもの癖で、酒鬼薔薇について書かれたものを読み漁っていく。

 やがて私は出所をし、日常生活の中に「神戸」の一件は埋もれていった──。

 2010年の「朝青龍暴行事件」「市川海老蔵暴行事件」で「関東連合」は、日本の伝統文化の破壊者として全国的に知れわたる。すでにITなどで事業を興していた私も、「元リーダー」としてネットを中心に「デマ」が書き込まれ、不動産取引もできない状態となった。12年にはメンバーによる人違い撲殺事件、「六本木フラワー事件」が発生。主犯格の「見立君」=見立真一容疑者・37=は、海外逃亡し国際指名手配となる。

 無関係な私も事件関係者の対立に巻き込まれ、自首した2名の支援者となったことで、「見立君」と対立。「見立君」は、

「柴田を殺せ! 家族もオンナも皆殺しだ!」

 と海外から指令を出した。

 このような目まぐるしさから、「酒鬼薔薇聖斗」は私の中で、記憶と忘却の狭間に置かれることとなった。しかし、2015年6月28日、事件が起きる。酒鬼薔薇が「元少年A」として手記「絶歌」を出版したのだ。

「性的サディズム」と診断されたA氏だが、私は「見立君」を思い出さずにいられない。暴力を働く不良少年と、拷問を働くサディストの間にはかい離がある。両者の境界線を、私は「集団と単独」、「暴力と性の結びつきの有無」と考えている。「見立君」には単独での強姦歴があり、A氏もまた単独犯行の中で射精を経験している。そして「サディスト」はなぜかカリスマ性を持ち、集団を導くのだ。

柴田大輔(ノンフィクション作家):ペンネーム・工藤明男として刊行した処女作、「いびつな絆 関東連合の真実」(宝島社)は17万部のベストセラーになる。本作より、本名を明かす。関東連合元リーダー。ITや芸能の分野で活動後、警察当局に関東連合最大の資金源と目されていた。「いびつな──」刊行と同時に、暴対法における保護措置により保護対象者に。現在は、執筆活動を中心にスマホアプリの開発・運営をしている。最新作「聖域」(宝島社)では「関東連合の金脈とVIPコネクション」を描く。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった