政治

最側近「自民党・若狭勝」が小池百合子都知事の“オンナの器”を語り尽くした!(1)男が思いつかないクールビズ

20161103j1st

 息つく暇もないほど、小池百合子東京都知事は改革の大ナタを振るっている。それゆえ、“敵”も多い都知事だが、心強い“同志”もいる。自民党所属の国会議員でありながら、選挙戦から二人三脚で歩んできた若狭勝氏である。その“都知事の最側近”を直撃。都知事の“オンナの器”の大きさを語り尽くす!

「男泣き? 都知事選の時のことですね。でも涙をボロボロこぼしたわけじゃないですよ(笑)。でも、悔しさが込み上げてきてね。言葉が詰まってしまった‥‥」

 今夏の東京都知事選挙、小池百合子氏の応援演説の最中に、若狭勝氏は「男泣き」した。その姿には勝ち馬に乗ろうというような打算はなく、2人の信頼関係を感じさせる一幕でもあった。

 その「男泣き」の理由は後述するが、少なくとも選挙戦が始まった時点で、若狭氏の覚悟は決まっていたのだろう。自民党の衆議院議員でありながら、党の推薦を得られなかった候補者を応援することは反党行為。除名処分を受ける可能性もあったのだから‥‥。

──小池知事を応援するには覚悟を決めていた?

「それは5年後、10年後の東京を考えると、小池さんしかいない。自民党から除名になろうとも、小池知事を誕生させるのが自分の使命だと思いました。

 日本は国連から女性差別の撤廃が進んでいないと勧告を受けているのです。そうした中で、小池さんという女性が知事になれば、2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックを、女性知事のもと開催する姿を世界中に見せられる。国連に対するアピールということだけでなく、女性差別撤廃の象徴になると思っています」

──女性政治家はたくさんいます。その中でなぜ小池知事なのか?

「理由はたくさんあるのですが、あえて1つあげるとすれば、アイデアが豊富なこと。これは小池さん本人の発想力がすばらしいということでしょうね。

 例えば、小池さんが環境大臣の時に提唱したクールビズ。10年後の夏の風景をガラッと変えた。男の大臣だったら、ネクタイを外すなんていうことを考えられたでしょうかね。

 少なくとも僕にはそんなアイデアも、その後もキャンペーンを継続させるような力はないですね」

──都民だけでなく国民が、その発想力に期待しています。ですが、現状はアイデアよりも“都政のウミ”を出す、その手腕に注目が集まっているが‥‥。

「前知事の辞任で都知事選となったのですから、当然のように都民の不信感があるわけです。情報公開が行き届かず、ともすれば都合の悪いことを隠蔽しているのではないかと。そして、都政と国政はリンクしていますから、都政不信は政治不信を招き、国政や国の行政そのものも国民から見放される。だから、小池さんが都政の抱えている問題をスッキリさせることは、日本の政治全体への信頼を醸成するためにもやらなければならないことなのです」

若狭勝(わかさまさる)=1956年生まれ。80年中央大学卒業。同年司法試験に合格し、検事となる。東京地検特捜部副部長などを歴任し、09年に弁護士登録。14年の衆議院選挙で当選を果たす。

ジャーナリスト:鈴木哲夫

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?