芸能

指原莉乃、「Not Yet」再集結報告で思い出される“メンバー内序列最下位”時代

20161031sashihara

 HKT48の指原莉乃が10月28日未明、4人組ユニット「Not yet」のメンバーが集まったことをツイッターで報告。「四人いて四人がおしゃべり」とにぎやかな飲み会だった様子を伝えた。そのNot yetは2011年1月に結成。選抜総選挙1位のエース大島優子を軸に、指原と北原里英、横山由依という布陣で人気を博し、AKB48の派生ユニットでは最も成功したと言われている。そんな人気メンバーの再集結に喜ぶファンが多いなか、古参ファンのなかには結成当時を懐かしむ声があるという。アイドル誌のライターがしみじみと語る。

「今となっては信じられませんが、結成時の序列では指原が一番下という声もあったのです。直近の第2回選抜総選挙では、16位の北原に対して指原は19位止まり。横山は圏外だったものの、総合プロデューサーの秋元康が『期待の新人で急成長株の横山を加入させることにしました』とわざわざ語っていたほどで、扱いが良かったのです。実際、MVでは大島と横山がセンターに立ち、2人でリードボーカルを取ることも。ファンのほうも横山を売り出したいんだなと感じていましたね」

 この時期、指原は初の冠番組「さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~」(TBS系)をスタートさせていた。だが内容は、指原が所属する太田プロの芸人が多数出演し、ドタバタしたお笑いを繰り広げるバラエティ番組。そのため世間では指原をAKB48の色物担当とみなしていたのである。

「当時は絶対エースの大島、なんでもこなせる次世代エース候補の北原、そして何事も一所懸命に取り組む可愛らしい横山という認識があり、指原にはバラエティ担当としてオチを付ける役割が求められていました。それから5年以上が経ち、いまや活躍度で指原が大島を抜いたわけですが、Not yet当時にこの現状を予想できた人はいなかったでしょうね」(前出・アイドル誌ライター)

 今やツイッターのフォロワー数でも大島を抜き、名実ともにAKB48グループの頂点に立っている指原。しかし本人としてはまだ上を目指し、現状を「Not yet」(未だ~していない)と感じているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬