芸能

指原莉乃、「Not Yet」再集結報告で思い出される“メンバー内序列最下位”時代

20161031sashihara

 HKT48の指原莉乃が10月28日未明、4人組ユニット「Not yet」のメンバーが集まったことをツイッターで報告。「四人いて四人がおしゃべり」とにぎやかな飲み会だった様子を伝えた。そのNot yetは2011年1月に結成。選抜総選挙1位のエース大島優子を軸に、指原と北原里英、横山由依という布陣で人気を博し、AKB48の派生ユニットでは最も成功したと言われている。そんな人気メンバーの再集結に喜ぶファンが多いなか、古参ファンのなかには結成当時を懐かしむ声があるという。アイドル誌のライターがしみじみと語る。

「今となっては信じられませんが、結成時の序列では指原が一番下という声もあったのです。直近の第2回選抜総選挙では、16位の北原に対して指原は19位止まり。横山は圏外だったものの、総合プロデューサーの秋元康が『期待の新人で急成長株の横山を加入させることにしました』とわざわざ語っていたほどで、扱いが良かったのです。実際、MVでは大島と横山がセンターに立ち、2人でリードボーカルを取ることも。ファンのほうも横山を売り出したいんだなと感じていましたね」

 この時期、指原は初の冠番組「さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~」(TBS系)をスタートさせていた。だが内容は、指原が所属する太田プロの芸人が多数出演し、ドタバタしたお笑いを繰り広げるバラエティ番組。そのため世間では指原をAKB48の色物担当とみなしていたのである。

「当時は絶対エースの大島、なんでもこなせる次世代エース候補の北原、そして何事も一所懸命に取り組む可愛らしい横山という認識があり、指原にはバラエティ担当としてオチを付ける役割が求められていました。それから5年以上が経ち、いまや活躍度で指原が大島を抜いたわけですが、Not yet当時にこの現状を予想できた人はいなかったでしょうね」(前出・アイドル誌ライター)

 今やツイッターのフォロワー数でも大島を抜き、名実ともにAKB48グループの頂点に立っている指原。しかし本人としてはまだ上を目指し、現状を「Not yet」(未だ~していない)と感じているのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合