芸能

筧美和子、“モジモジ君”衣装での胸揉まれ映像に木梨憲武も目がクギ付け!

20161101kakei

 これぞ神映像か!? 筧は10月27日に放送されたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)に出演。「モジモジ君 新旧バラドル総出演3番勝負」と題して、人気タレントたちが「今が旬のバラドルチーム」と、「ちょい前のバラドルチーム」に分かれて3番勝負を繰り広げた。

 筧は「今が旬」チームのメンバーとして参戦したが、モジモジ君タイツを着用していたため、ボディラインがこれ以上ないほどくっきり浮かび上がり、男性視聴者のほとんどが豊満な胸のラインにクギ付けとなってしまった。

「見るからに柔らかそうな筧のバストは、Eカップと公表する前は推定Hカップとも言われるほどでした。胸の形や角度など、サイズ以上に大きく見えるタイプなのでしょう。あれだけ迫力があればHカップと間違われるのも無理はない」(週刊誌記者)

 さらに、今回の放送では男性視聴者が待ち望んでいた“おかずシーン”もしっかり盛り込まれていたことで喝采が上がった。

「共演した鈴木紗理奈が筧の胸を唐突に人差し指で突っつく場面があり、筧は『おっぱいのほうは‥‥』と拒否。しかし鈴木はそこで止まらず、4、5回ほど筧の胸を鷲掴みにして揉みまくり。それが視聴者に大好評。しかもモジモジ君スーツですから、私服で揉まれるのとは段違い、揉まれて変形した胸の形などもしっかり確認できることで、かなりアダルトな映像となってしまいました。木梨憲武も『まだ揉むかな~って見ちゃうじゃん』と興味津々でしたが、世の男性たちはそれどころか息も止めて凝視していたようです」(前出・週刊誌記者)

「録画すればよかった」「スゲエエエ柔らかそう」「あのマシュマロバストを揉めるなら死んでもいい」と、ネット上の暴走気味な書き込みでその興奮度がわかるはず。

 かつて、バラエティで筧のバストを触ったHKT48指原莉乃は、その感触について「うわっ! 吸い付く! すっごい柔らかくて。今まで触った中で一番柔らかい」と大絶賛していたが、どうやら本当に極上の触り心地のようだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日