芸能

清原和博 クスリを流し続けた「密売人」が告白本で明かした清原氏との“密”な関係性

20161110i

 清原和博(49)にクスリを譲渡した罪で今年7月に有罪判決を受けた男が告白本を上梓した。かつての球界のスーパースターはなぜクスリに手を出したのか──。話題の書と証言をもとに、壮絶アブリ秘話を明かす。

 新刊のタイトルは「密売」(ミリオン出版)。著者の小林和之氏(45)は、清原にクスリを流し続けたことで「密売人」と報道されたが、当人はこう断言する。

「清原さんに覚醒剤を渡したことで、利益を得たことは一度もありません。東京に持って行った時の交通費は自腹なので、むしろ赤字でした」(以下、小林氏)

 小林氏と清原は、単なる売人=常習者という関係では説明しきれない。2人の強い結び付きを示す、清原から小林氏に宛てた1通の未公開メールを紹介しよう。

〈小林さんの男気、しっかりと心に響き頂きました。嬉しかったです。でも、絶対に何が何でもしゃばに居て下さい〉

 この「男気メール」が送られた経緯について、小林氏が述懐する。

「清原さんに私を紹介した元会社経営者のDという人物がいたのですが、彼が清原さんからの借金を全然返そうとしなかった。清原さんの手を煩わせたくなかったので、『俺が行ってボコってやりますよ』みたいなメールを送ったら、この文章が返ってきたんです。感動しましたね。『しゃばに居て』という言葉が、自分をギリギリのところで思いとどまらせてくれたんです」

 小林氏と清原との出会いは14年8月。紹介者のDを交えて都内のホテルで落ち合い、小林氏が用意した覚醒剤を3人であぶった。

〈憧れの清原さんとの出会いの場所にシャブがあるのが、俺はたまらなく悲しかった〉

 小林氏は当時の心境を著書にこう記している。だが、そんな思いとは裏腹に、何度もシャブを調達することになる。

「2人で会うようになってからは1回で1グラムくらい渡していました。17カ月の間に10回程度会っているので、計10グラムくらいだと思います。“仕入れ値”でDに流していた時期もありましたが、清原さんに渡っていたのはカスみたいなものだったそうです」

 シャブの譲渡は小林氏が住んでいた群馬でも行われた。清原は入手したブツを現地のラブホテルに持ち込んでいた。

「清原さんが群馬のラブホテルで覚醒剤をやる時は、1日目に吸って、2日目は吸わずにずっと寝ていて、3日目に体調を戻して帰ることが多かった。1回で渡したのは1グラム程度ですが、余った分は東京には持って帰らずにトイレに捨てていたので、実際は1グラムもやっていなかったと思います」

 小林氏が後片づけに出向くと、そこにエロ本が放置されていたこともあったという。それでも清原への思いは揺るがなかった。

「PLで4番を打っていた頃から憧れの存在でした。まさに男がほれる男、というか。それは覚醒剤をやっている悪い面を見ても、変わりませんでした。そんな人と同じ空間にいて、同じ空気を吸っているというのは、何とも言えない感覚でした。あの夢のような日々は忘れられません」

 今年2月に逮捕された小林氏には、執行猶予付きの判決が下された。現在、群馬県内の飲食店で働く小林氏は、本書で清原との決別を宣言している。〈もう会わないほうがいい〉と──。その理由を聞くと、

「清原さんに迷惑がかかるからです。もし一緒にいるところを撮られたら、マスコミにおもしろおかしく書かれるでしょう。またやってるだろう、と。私は清原さんに頼まれてシャブを渡しましたが、清原さんは何度も私を守ってくれた。仕事で悩んで相談すると親身になって話を聞いてくれました。そんな人を逮捕させてしまったことに対して、今は申し訳ない気持ちでいっぱいです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”