政治

11.8決戦!女性蔑視発言でも米・大統領選でトランプ逆転予想の根拠

20161110j

 11月8日に迫った米・大統領選の投票日を前に、過去の女性蔑視発言がスクープされ、窮地に立たされた共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)。まさかの“逆転の一手”を全公開する!

 決戦目前で問題となったトランプ氏の発言は、05年にテレビ番組に出演した時のもの。カメラが回っていることを知らなかったトランプ氏と番組司会者の猥談が、ワシントン・ポスト紙のインターネット記事に、音声付きの動画として10月8日に公開されたのだ。

「美人を見るとすぐに魅了されるんだ。すぐにキスしてしまう」

「スターなら、何でもやらせてくれる。女性器をつかむんだ」

 このセクハラ発言を共和党内部からも強く批判され、トランプ氏はすぐさま謝罪した。だが、そのあとに行われたヒラリー・クリントン民主党候補(69)との2度のテレビ討論会でも、劣勢を跳ね返すほどの活躍は見られなかった。

 これと前後して、トランプ氏の過去18年間に及ぶ、所得税未払い問題も表面化。10月23日に発表された米ABCニュースの最新世論調査では、ヒラリー氏の50%に対し38%と、支持率で12ポイントのリードを許してしまう。

 ところが、この圧倒的に不利な状況からでも、“トランプ大逆転のシナリオ”は存在するという。国際情勢に詳しいジャーナリストの山田敏弘氏によれば、その根拠はいくつかあるそうだ。

「まずは、ヒラリー氏が抱える健康問題です。9月11日にニューヨークで行われた同時多発テロ追悼式典でも、席上で体調を崩して途中退席していて、健康面を不安視する向きは多い。公の場で見せる挙動から『彼女はパーキンソン病を患っているのではないか』という噂すらあります」

「世界で最もタフな仕事」と言われるアメリカ大統領。4年の任期を全うできないのでは? と、有権者から疑いの目を向けられている。

 続く逆転の根拠は、内部告発サイト「ウィキリークス」による、“ヒラリー陣営のメール公表”問題だ。ハッキングした党のメールから、ヒラリー氏の夫であるビル・クリントン元大統領(70)が、演説で最大300万ドルもの謝礼金を得たといった内容を続けざまに公開している。

「ウィキリークスは、『流出した全てのメールを投票日までに公開する』とし、創始者でジャーナリストのジュリアン・アサンジ(45)は、そこに爆弾があるかのように語っています。ヒラリー氏に大ダメージを与える情報が、投票直前で公開されるかもしれません」(前出・山田氏)

 これまで大統領選の結果を的中させてきた人物も、「トランプ勝利」を予想しているという。

「ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校で教鞭を執る、ヘルムート・ノーポス政治学教授です。1996年以後、全ての勝者を当てていることで知られています」(前出・山田氏)

 ノーポス氏は、

「トランプが87%勝つ」

 と断言している。予備選挙の得票率などから両者の勝利確率を導き出しており、占いの類いではない。

 世論調査では水をあけられているものの、潜在的な“トランプ支持者”は少なくない、というのだ。

「例えば、(支持者に)ヒスパニック系の友人がいれば、移民排除を公言するトランプ支持を公にはしづらい。トランプ陣営も、そうした層の投票を期待しているフシがあります。世論調査は、結局のところ単なる『人気投票』で、データ等を精査して出した予測ではありません。事前の世論調査では、EU残留派が多かったイギリスの国民投票のように、ひっくり返る可能性は否定できないと思います」(前出・山田氏)

 そこで、“国際政治学者”として鳴らした、舛添要一前東京都知事にも、大統領選の展望について取材を申し込んだ。しかし、舛添事務所担当者は、

「法的手続きが終わっていないので、コメントや取材は受けていない状況です」

 と答えるのみであった。法的手続きの内容は答えていただけなかったが‥‥日米を代表する“艶福家”2人にとって、正念場はここからのようだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
4
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
5
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!